社会をよりよく変えるにはどうしたらよいか「行動と政策の両方の変化が必要」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

社会をよりよく変えるにはどうしたらよいか「行動と政策の両方の変化が必要」

社会をより良く変えようとする行動が、実際に社会に影響を及ぼすためにはどうしたら良いのでしょうか?
研究者たちは、個々人の行動と政策の変化の両方が必要であると述べています。

New research suggests that social change may depend on the relationship between beneficial behaviors and policies.

参照元:https://umaine.edu/news/blog/2022/04/01/new-research-shows-what-it-takes-to-make-society-change-for-the-better/
– メイン大学 University of Maine. April 1, 2022 –

社会をより良い方向に変えようとする人は多いです。

真の課題は、優れた解決策をいかにして大きな変革のためにスケールアップさせるかです。

新しい研究によると、社会の変化は、有益な行動と政策の関係に左右される可能性があるそうです。

メイン大学、メイン大学オーガスタ校、バーモント大学、そしてカナダのケベック州にあるラヴァル大学によって行われたこの研究は、社会がどのようにして大規模で変革的な社会変化を達成できるのか、特に拡大する気候変動の問題に取り組むために必要な社会変化の種類について理解しようとするものでした。

研究者たちは、集団に利益をもたらすが、政策的な支援がなければ広がらない行動、例えば、気候変動の影響を緩和するための高価な対策について研究しました。

研究者らは、疫学的手法と進化論的手法を組み合わせた革新的な数学モデルを作成し、エージェントが集団で生活し、仲間の有益な行動を採用する社会をシミュレートしました。

この行動は、適切な条件があれば、ウイルス的に広がるが、制度コストが高すぎる場合には広がらないものです。

このモデルでは、集団における採用者と非採用者の割合、集団内および世界的な行動の拡散、行動を支援し拡散を促す制度の強さ、それらの制度のコストといった要素を考慮します。

メイン大学の社会生態システムモデリング准教授で、この研究の共著者であるティモシー・ワリング氏は話します。

ワリング氏:私たちのモデルは、行動の変化と政策の変化を一つのシステムで捉えており、社会の変化をより豊かに考えることを促してくれるユニークなものです。大規模な社会変化とは、政策や行動だけでなく、その両方を組み合わせた新しい自己強化システムの出現なのです。これにより、『新しい行動パターンや政策はどのように広がっていくのか』といった新しい問いを立てることができます。

その結果、大規模な社会変革を実現するには、行動の変化と政策の変化の両方が必要であり、それらは一緒に起こる必要があることがわかりました。

どちらも単独ではうまくいかないが、政策の変更は特に重要です。

研究者たちは、有益な行動が広がりすぎることがあることを発見しました。

場合によっては、政策を支持しているグループを超えた行動の広がりは、その成功の認識を低下させ、政策の普及を遅らせ、その結果、全体として有益な社会変化を制限することがあるです。

このシミュレーションは、気候変動のような大きな持続可能性の問題に対しては、ボトムアップの行動伝播とトップダウンの政策変更の両方を伴うプロジェクトが最適なタイプのソリューションである可能性を示唆しています。

なぜなら、プロジェクトは手本となり、グループ間で伝播して大きな変化に影響を及ぼすことができるからです。

ワリング氏:例えば、ある州が、町に利益をもたらす有機堆肥化に関する新しい法律への参加を広めたいとします。このシステムを機能させるには、収集される廃棄物が純粋な有機物でなければなりません。しかし、純粋な有機廃棄物を提供することは、家庭にとって努力が必要であり、その行動は自然には広がらないのです。
これは、政策を実施する上でよくある問題です。しかし、町がその行動を支援し、普及させるためのシステムを実験的に導入すれば、成功した町のプログラムは、家庭の貢献とともに町全体に広がり、効果的で大規模な変化をもたらすことができます。

この研究の主執筆者でバーモント大学の准教授であるLaurent Hébert-Dufresne氏は話します。

Dufresne氏:我々のモデルは、新しいソリューションが拡大できるように、ボトムアップとトップダウンの効果のバランスを取る方法を見つけ出すのに役立ちます。例えば、コンポストのような行動を正常化するために、いつ国中に普及させるべきか、その代わりに、コンポストの潜在的利益を示すために、資金力のある地域のパイロットプロジェクトに焦点を当てるべきかを判断するのに役立ちます。

ワリング氏は、今後の研究で、この種のモデルを、あらゆる種類の有益な社会変化、特に気候変動への取り組みという課題に適用することを目指すと語っています。

この研究は、2022年3月23日に英国王立協会オープンサイエンスに掲載されました。この研究は、UMaineの競争的研究促進実験プログラム(EPSCoR)プロジェクトのトラック2の一部です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 社会をよりよく変えるにはどうしたらよいか「行動と政策の両方の変化が必要」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)