啓蒙のつもりが逆効果?「さらなる事故を引き起こす死亡者数の掲示」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

啓蒙のつもりが逆効果?「さらなる事故を引き起こす死亡者数の掲示」

高速道路上に死亡者数のメッセージを載せると、さらなる事故を引き起こす可能性が高いそうです。

Displaying the highway death toll on message boards is a common awareness campaign, but new research from the University of Toronto and University of Minnesota shows this tactic actually leads to more crashes.

参照元:https://twin-cities.umn.edu/news-events/highway-death-toll-messages-cause-more-crashes
– ミネソタ大学 University of Minnesota. April 21, 2022 –

メッセージボードに高速道路の死亡者数を表示することは一般的な啓蒙活動ですが、トロント大学とミネソタ大学の新しい研究によると、この戦術は実際にはより多くの衝突を引き起こすことが判明しています。

トロント大学のJonathan D. Hall助教授とミネソタ大学カールソン経営大学院のJoshua Madsen助教授によるScience誌の新しい研究は、高速道路のメッセージボードに事故死の合計を表示する(例えば、「テキサスの道路で今年1669人が死亡」)ことの影響を評価しました。

高速道路での死亡事故に関するメッセージは、少なくとも米国27州で表示されています。

この研究では、毎月1週間だけメッセージを表示することにしているテキサスに焦点を当てました。

研究者らは、キャンペーン前(2010年1月〜2012年7月)とキャンペーン開始後(2012年8月〜2017年12月)の事故データを比較し、キャンペーン中の各月における週ごとの違いも検証しました。

その結果、わかったことがあります。

  • 死亡事故のメッセージを表示した週は、表示しない週と比較して、より多くの衝突事故が発生しました。
  • 死亡事故のメッセージを表示すると、メッセージボードに続く10km(6.21mi)以上の衝突件数が4.5%増加しました。この増加は、これまでの研究によると、制限速度を3~5mph上げるか、高速道路警察官を6~14%減らすことに匹敵します。
  • この研究結果によると、テキサス州では、死亡メッセージによって年間2,600件の衝突事故と16名の死亡が追加で発生し、そのコストは毎年3億7,700万ドルに上ります。

研究者たちは、このような “顔の見える “メッセージング・アプローチがドライバーの “認知負荷 “を下げ、交通状況の変化に対応する能力に一時的な影響を与えることを指摘しています。

Madsen助教授:混雑した高速道路を運転し、車線変更をナビゲートすることは、誰もいない高速道路の直線区間を運転するよりも認知的な負荷がかかります。人の注意力は限られています。ドライバーの認知負荷がすでに最大になっているときに、高速道路での死亡事故を思い出させるような注意喚起を加えることは、危険な注意散漫になりかねません。

研究者たちは、死亡事故のメッセージの数字が大きければ大きいほど、より有害な影響を及ぼすことを発見しました。

1年を通じて死者数が増えるにつれて、毎月の追加事故件数は増加し、メッセージに年間合計が記載された1月に最も多くの追加事故が発生しました。

また、交通量が多い場所や複数のメッセージボードを通過する場所など、ドライバーの認知負荷が高い場所で事故が増加することが分かりました。

Hall助教授:メッセージは、複数車両の衝突を増加させましたが、単一車両の衝突は増加させませんでした。これは、認知的負荷が増加したドライバーが、道路から飛び出すのではなく、車線を逸脱するような、注意散漫による小さなエラーを起こすことと一致します。

しかし、研究者達は、表示された死者数が少ない時や、高速道路があまり複雑でない場所でメッセージが表示された時には、衝突事故が減少していることを発見しました。

Madsen助教授によれば、このことは、メッセージがドライバーの注意にそれほど負担をかけなかったことを示唆しています。

高速道路での死亡事故のメッセージの使用は州によって異なりますが、当局は意識を高めるための別の方法を検討すべきであるとMadsen助教授は述べています。

Madsen助教授:注意散漫運転は危険な運転です」とマドセンは言います。”おそらく、これらのキャンペーンは、運転中の注意が道路に集中するように、交差点で停止しているときなど、より安全な方法でドライバーにアプローチするために再構築することができます。

この研究は、カナダ社会科学・人文科学研究評議会と欧州連合のHorizon 2020研究・革新プログラムの支援を受けて行われました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 啓蒙のつもりが逆効果?「さらなる事故を引き起こす死亡者数の掲示」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)