里親制度の利用が17%減少「子供の虐待を減らすプログラム」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

里親制度の利用が17%減少「子供の虐待を減らすプログラム」

子供の虐待を減らすプログラムで、里親制度の利用が17%減少しました。

A first-of-its-kind national study has found that a special program adopted in many states to help some families at risk of child maltreatment has been surprisingly successful.

参照元:https://news.osu.edu/a-better-way-to-reduce-child-maltreatment/
– オハイオ州立大学 Ohio State University. Apr 19, 2022 –

子どもの虐待を減らすためのより良い方法
プログラムの結果、里親の利用が17%減少、研究結果発表

児童虐待の危険にさらされている一部の家庭を支援するために多くの州で採用されている特別なプログラムが、驚くほど成功していることが、初の全国的な調査で明らかになりました。

この研究では、「差動反応」(DR)プログラムと呼ばれるものを持つ州は、DRプログラムを持たない州と比較して、児童虐待の立証報告が約19%少なく、ネグレクトの立証報告が25%少なく、里親サービスの利用が17%減少したことが明らかになりました。

この研究の主執筆者で、オハイオ州立大学ソーシャルワーク学科准教授のミシェル・ジョンソン-本山氏は、里親に送られる子どもの数を減らすというDRの成功は特に重要であると述べています。

ジョンソン-本山氏:ある状況下では、子どもを危険から守るために里親制度が必要です。しかし、人的にも社会的にもコストがかかるため、いくつかの州では、家族を維持するための方法を見つけるために創意工夫しています。
私たちは、差動対応プログラムが、里親委託を防ぐために必要な資源を家族に与えている可能性があることを発見しました。

この研究は、最近、Child Maltreatmentという雑誌に掲載されました。

通常、州の児童保護サービス(CPS)機関が危険にさらされている可能性のある子どもについて知ると、それが調査の引き金となり、裁判所命令やより合法的な道につながることがあると、ジョンソン-本山氏は言います。

差別的対応は、CPSの職員が、子どもの虐待のリスクが低い家庭を支援するための代替手段として開発されたものです。

ジョンソン-本山氏:このような家庭には、任意のサービスを受けたり、援助を提供できる地域の機関を紹介したりする機会があります。

その支援とは、住居や食料、子育てスキルの指導などを支援する組織へのリンクという形で行われる可能性があります。

研究者たちはこの研究を始めたとき、差動対応プログラムに焦点を当てるつもりはありませんでした。

もともと彼らは、米国における社会的セーフティネット政策の効果と、それが児童虐待の防止に及ぼす影響を分析していたのです。

しかし、データを分析する際に差動反応プログラムを考慮に入れたところ、プログラムの影響が際立つようになったと、ジョンソン・元山氏は言います。

ジョンソン-本山氏:私たちにとって驚きだったのは、すべての分析において、これらのプログラムが子どもたちにとって本当に重要な保護要因として浮かび上がってきたことです。私たちは、もっと詳しく調べる必要があると思いました。

研究者たちは、2004年から2017年までの全米児童虐待・ネグレクトデータシステムのデータを分析しました。

彼らは、州が差別的対応プログラムを導入した時期のばらつきを利用して、DRプログラムを導入した州と導入していない州で、虐待やネグレクトの立証された報告や里親の配置を比較しました。

研究期間中、24の州とコロンビア特別区が、ある時点でDRを使用していました。

研究者たちは、DRプログラムを導入している州は社会的セーフティネットプログラムが手厚いかどうかなど、関連しうる他のさまざまな要因を考慮した後でも、差異対応プログラムの成功に関するポジティブな発見が際立っていたそうです。

ジョンソン-本山氏によると、今回のデータでは、差動対応プログラムがなぜ成功したかを正確に判断することはできませんでした。

しかし、何が起こっているのかについては、いくつかのアイディアがあるそうです。

ジョンソン・元山氏は、児童保護サービスに接触する家族の多くは貧困層であり、住宅、食料、育児、精神衛生などの問題に直面している可能性があると指摘します。

従来の方法では、家族が子どもを里親から引き離したい場合、裁判所からさまざまなサービスに参加するよう命じられることがあります。

ジョンソン-本山氏:このような裁判所命令のサービスは、時に家族の失敗を招くことがあります。このような裁判所命令のサービスは、家庭の資源が限られている場合、児童福祉制度のスケジュール通りに完了することができない場合があります。
親によっては、裁判所から命じられた計画を遂行できなかったという理由で、子供を失うことになるのです。
対照的に、差動対応プログラムの下では、CPSの職員が家族と協力して、彼らのニーズを満たし、子供を維持するための自主的な計画を策定します。
一般的に、これらのサービスは、家族のニーズに合わせて調整されます。これは、裁判所の命令で行われるサービスとは対照的で、管轄区域によって一律になることがあります。

この結果は、各州が里親委託を減らす方法を検討する際に、差動対応をさらに調査する価値があることを示していると、彼女は述べています。

この研究は、米国疾病対策予防センターの支援を受けて行われました。

他の著者は、オハイオ州立大学のRebecca Phillips氏とOliver Beer氏、Donna Ginther氏です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 里親制度の利用が17%減少「子供の虐待を減らすプログラム」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)