人種・民族間での睡眠時間の格差「1日7時間未満睡眠は黒人の間で有意に高い」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

人種・民族間での睡眠時間の格差「1日7時間未満睡眠は黒人の間で有意に高い」

人種間・民族間での睡眠時間における格差が判明しました。1日の睡眠時間が7時間未満だと報告した人々の割合が黒人の間で有意に高いそうです。

Using data collected by the National Health Interview Survey from 2004 to 2018, researchers found that the proportion of people who reported sleeping fewer than seven hours per day increased significantly over the 15-year period, and it was significantly higher among Black people.

参照元:https://news.yale.edu/2022/04/07/yale-study-finds-persistent-racial-and-ethnic-disparities-sleep-duration
– エール大学 Yale University. april 7, 2022 –

2004年から2018年にかけてNational Health Interview Surveyによって収集されたデータを用いて、研究者らは、1日の睡眠時間が7時間未満であると報告した人々の割合が15年の間に有意に増加し、それは黒人の間で有意に高いことを発見しました。

本研究は、2022年4月7日、JAMA Network Openに掲載されました。

主著者のイエール大学アウトカム研究・評価センター(CORE)ポスドク研究員César Caraballo-Cordovez氏は話します。

Cordovez氏:睡眠の健康の指標として、十分な睡眠時間は健康的な生活の実現と維持に不可欠です。現在、専門家の間では、ほとんどの成人は24時間以内に7~9時間の睡眠をとるべきであるというコンセンサスが得られていますが、黒人は平均して、そのような推奨睡眠時間を報告する傾向が持続的に低いことが明らかになりました。具体的には、分析した15年間で、黒人は、短時間睡眠(7時間未満)と長時間睡眠(9時間以上)の両方の有病率が最も高いことが分かりました。

イェール大学率いるチームは、2018年、白人と比較した場合、短い睡眠時間を報告する人の割合は、黒人で11ポイント高かったと報告しています。

2004年の同格差は7.5ポイントだった。この結果が性別や世帯収入によってどのように異なるかを調べたところ、黒人女性と中・高収入の黒人で格差が最も大きいことが分かりました。

また、年齢別に睡眠時間を分析したところ、人種や民族によって違いがありました。

例えば、黒人の若年層と中年層で最も格差が大きく、高齢者ではやや縮小していることがわかリマした。

Cordovez氏:このことは、労働条件や雇用条件に関連する要因が、黒人の十分な睡眠を不当に妨げていることを示唆しています。

エール大学医学部教授でCOREのディレクターであるHarlan M. Krumholz氏は次のように語っています。

Krumholz氏:睡眠は密接に全体的な物理的および精神的な健康と関連しています。短時間睡眠と長い睡眠時間の両方は、死亡の高いリスクを含む有害な医療イベントを被るの高いリスクと関連している。したがって、黒人の持続的な睡眠格差は、黒人の持続的な平均健康状態の悪化に寄与している可能性があります。人種差別を含む、マイノリティーの人種や民族が十分な睡眠を得ることを妨げる社会経済的、健康的条件を取り除くための新たな努力をする必要があります。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 人種・民族間での睡眠時間の格差「1日7時間未満睡眠は黒人の間で有意に高い」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)