使用語彙の増加は、直接その後の行動に影響を与えない

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

使用語彙の増加は、直接その後の行動に影響を与えない

本26000冊を読み、使用語彙を増加させると、その後の行動にどのような影響が出るのでしょうか。研究者は、ただ本を読んだだけでは行動に直結するものではないなどの報告を上げています。

Brendan T. Johns, an assistant professor of communicative disorders and sciences in the University at Buffalo’s College of Arts and Sciences, has some answers that are helping to inform questions ranging from how we use and process language to better understanding the development of Alzheimer’s disease.

参照元:http://www.buffalo.edu/news/releases/2019/10/040.html

26,000冊の本を読むことで、言語環境が言語行動にどのように影響するかについて、研究者は何を伝えることができるのか。

バッファロー大学芸術科学部のコミュニケーション障害と科学の助教授であるブレンダンT.ジョンズ氏は、言語の使用方法と処理方法からアルツハイマー病の発症の理解を深めるまで、さまざまな質問に答えるのに役立ついくつかの回答を持っています。

しかし、はっきりさせておきましょう。

ジョンズはそれらの本のすべてを読んだわけではありません。

彼は計算認知科学の専門家であり、私たちの経験と私たちが読んだものの特徴など、特定の学習環境との相互作用が、かつては認知の違いに起因していた言語行動の違いにつながることを示唆する計算モデリング研究を発表しました。

ジョンズ氏は説明します。

「以前の言語学では、言語を使用する能力の多くは本能的であり、環境経験には必要なスキルを完全に習得するために必要な深さが不足していると想定されていました。私たちが今日開発しているモデルは、それらの以前の結論に疑問を投げかけています。環境は行動を形作っているように見えます。」

ジョンズ氏の調査結果は、共著者であるマニトバ大学心理学部の教授であるランドールK.ジェイミーソン氏とともに、ジャーナルBehavior ResearchMethodsに掲載されています。

自然言語処理と計算リソースの進歩により、ジョンズ氏やジェイミソン氏のような研究者はかつては手に負えなかった質問を調べることができます。

分布モデルと呼ばれるモデルは、人間の言語学習プロセスへのアナロジーとして機能します。

この研究の分析をサポートする26,000冊の本は、合計13億語以上を使用した3,000人の異なる著者(米国から約2,000人、英国から約500人)からのものです。

ジョージ・バーナード・ショー氏は、英国とアメリカは共通の言語で区切られた2つの国であるとよく言われていると話します。

しかし、言語は同一ではなく、潜在的な文化の違いを確立して表現するために、研究者は26,000冊の本のそれぞれが時間(著者が生まれたとき)と場所(本が出版された場所)の両方でどこにあるかを検討しました。

その情報が確立されたので、研究者は複数の心理言語学的タスクを使用して、1,000人以上の参加者を含む10の異なる研究からのデータを分析しました。

ジョンズ氏は説明します。

「この論文が答えようとしている質問は、英国の誰かが読んだかもしれないものと、米国の誰かが読んだかもしれないものと同様の資料でモデルを訓練する場合、彼らはこれらの人々のようになるでしょうかというものに対してです。その回答として、人々が埋め込まれている環境が彼らの行動を形作っているように見えることがわかりました。」

ジョンズ氏によれば、この研究の文化固有の本は、データの差異の多くを説明しています。

「文化固有のコーパスを持つことは大きなメリットであり、時間固有のコーパスを持つことはさらに大きなメリットです。時間と場所の関数としての言語環境と行動に見られる違いは、私たちが”選択的読書仮説”と呼んでいるものです。」

これらの機械学習アプローチを使用することは、これらの環境の豊富な情報を提供する性質を示しており、ジョンズは教育を最適化するための機械学習フレームワークの構築に取り組んできました。

この最新の論文は、あなたが人の言語行動を取り、彼らが読んだ資料の種類を推定する方法を示しています。

ジョンズ氏は続けます。

「私たちは、誰かの過去の言語経験を取り入れて、その人が知っていることのモデルを開発したいと思っています。これにより、その人の学習の可能性を最大化できる情報を特定できます。」

しかし、ジョンズ氏は臨床集団も研究しており、アルツハイマー病の患者との彼の研究により、彼は、病気を発症するリスクのある人々を潜在的に助けるために彼のモデルを適用する方法について考えています。

彼は、認知機能低下の他の兆候なしにわずかな記憶喪失を示す人もいると言います。

軽度認知障害のあるこれらの患者は、65歳以上の一般人口の2%と比較して、任意の年にアルツハイマー病と診断される可能性が10〜15%あります。

ジョンズ氏は説明します。

「時間の経過とともにアルツハイマー病を発症し続ける人々は、特定のタイプの言語の喪失と生成を示しており、単語間の長距離の意味的関連性と低頻度の単語が失われているように見えます。」

「そのグループが言語能力をより長く維持できるようにするタスクと刺激を開発したり、認知システムで失っている情報の種類を理解するためのよりパーソナライズされた評価を開発したりできますか?この研究プログラムは、これらの重要な質問に情報を提供する可能性があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » 使用語彙の増加は、直接その後の行動に影響を与えない

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)