若者の読書は、紙媒体ではないようです

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

若者の読書量は心配ありません、紙媒体ではないようですが

バーゼル大学の調査によると、若者は印刷された出版物を読むだけでなく、文学を読み書きするためにいくつかの異なる形式のメディアを使用する事実を指摘しました。

「ソーシャルリーディング」と呼ばれるそれは、単なる読書にとどまらず、メディアを通して自身でも作家活動を行わせるほど画期的なものです。

Time and time again, people complain that young people no longer read enough – with the habit of deeper reading, in particular, becoming lost. But this overlooks the fact that young people not only read printed books, but also use several different forms of media to read and write literature. Many teenagers turn to networks such as Goodreads, BücherTreff and LovelyBooks in order to read literature, discuss it with other readers and even write their own literature. This is termed “social reading.”

参照元:https://www.unibas.ch/en/News-Events/News/Uni-Research/Literature-online-Research-into-reading-habits-almost-in-real-time.html
– バーゼル大学 University of Basel. 06 February 2020 –

若者は、デジタルネットワークを集中的に利用して、文学のテキストを読んだり、書いたり、コメントしたりします。

しかし、読書プラットフォームWattpadを例に取った新しい研究によって明らかにされたように、彼らの読書行動は、タイトルが人気のある文学の世界からのものか古典文学の世界からのものかによってかなり異なります。

何度も何度も、人々は若者がもはや十分に読んでいないと不平を言います。

特に、より深い読書の習慣が失われるようになるといいます。

しかし、これは、若者が印刷された本を読むだけでなく、文学を読み書きするためにいくつかの異なる形式のメディアを使用するという事実を見落としています。

多くのティーンエイジャーは、文学を読んだり、他の読者と話し合ったり、自分の文学を書いたりするために、Goodreads、BücherTreff、LovelyBooksなどのネットワークに目を向けています。

これは「ソーシャルリーディング」と呼ばれます。

「ソーシャルリーディング」の驚異的な規模は、世界中の8000万人以上の主に若者が毎日50以上の言語で約10万の物語を交換しているWattpadプラットフォームから明らかです。

ファンがハリーポッターなどの有名な物語の続きを書くファンフィクションは、特に人気のあるジャンルです。

スイスとイタリアの研究者チームが初めて、デジタル読書プラットフォームWattpadの使用をより詳細に研究しました。

彼らの研究では、数百万のデータセット内の読書行動のパターンを検出するために、ネットワーク分析や感情分析などのコンピューター支援技術を取り入れました。

研究者たちは、統計的手法を使用して、世界中の若者が読んだりコメントしたりする本を分析し、Wattpadなどのプラットフォームで自分自身を書いています。

分析は、読書の好み、本についてなされたコメントの感情と強さ、若い読者間のネットワーク、そして潜在的な教育的影響に注目しました。

これにより、若者が若者の文学である「ティーンフィクション」だけでなく、ジェーン・オースティンやヘルマン・ヘッセなどの古典文学も、個々の文章に数百回までコメントし、作品をモデルとして使用することを集中的に読んだことが明らかになりました。

若い読者がこのプロセスに非常に感情的に関与しているのを見るのも印象的です。

それにもかかわらず、テキストが人気のある文学として分類されているか、古典文学の規範に属しているかによって、明らかな違いがあります。

たとえば、10代のフィクションは、古典的な作品よりもWattpadで頻繁に読まれてコメントされます。

研究者たちはまた、読者が最初の数章の後で古典的な作品を読むのをやめることが多いのに対し、10代のフィクションはプロットのより長いセクションで読者を魅了することに成功していることも観察しました。

ジャンルによって異なるもう1つの側面は、ユーザー間の交流の度合いでした。

ティーンフィクションの読者は、頻繁に交流することで、強い社会的絆を持つネットワークを形成しました。

一方、古典の読者の間で、研究者は、ユーザーが作品を理解し、解釈するために互いに助け合う、より認知指向の相互作用のスタイルを特定しました。

バーゼル大学のデジタルヒューマニティーズラボの研究リーダーであるGerhardLauer教授は話します。

「初めて、読書行動をほぼリアルタイムで分析できるようになりました。ソーシャルメディアは、文化の理解に革命をもたらしています。Wattpad、Spotify、Netflixなどのプラットフォームにより、人文科学や社会科学におけるこれまでのアプローチをはるかに超える密度と正確さで文化を理解できます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » 若者の読書は、紙媒体ではないようです

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)