言語スキルの認知の個人差を深く調査できるデータベースの設立

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

言語スキルの認知の個人差を深く調査できるデータベースの設立

マックスプランク心理言語学研究所が、122人のネイティブスピーカーを1か月間テストし、その結果をデータベース化して共有化しました。

言語スキルの習得の有無は明確な体系も評価もなく、はっきりとした言語スキル認知の個人差に利用できるデータ郡が参照できる事で、今後の言語科学の発展に寄与されることが予想されます。

Why do people differ in their ability to use language? As part of a larger study into this question, researchers from the Max Planck Institute for Psycholinguistics (MPI) and Radboud University tested 122 adult native speakers of Dutch on various language and cognitive measures, including tests of vocabulary size, grammar, understanding and producing sentences, working memory and processing speed. Other researchers are encouraged to use this database to further investigate individual differences in language skills.

参照元:https://www.mpi.nl/news/researchers-share-database-studying-individual-differences-language-skills
– マックスプランク心理言語学研究所 Max Planck Institute for Psycholinguistics. 09 December 2020 –

ほとんどの人は母国語を流暢に話すことを学びますが、ネイティブスピーカーは言語を使用する能力が異なります。

成人の言語のユーザーは、知っている単語の数が異なるだけでなく、単語や文を生成して理解する速度も異なります。

個人は言語タスク間でどのように異なりますか?言語能力の個人差は一般的な認知能力に関連していますか?

そのような質問は、多数の言語および認知テストで多数の個人をテストすることによってのみ答えることができます。

筆頭著者のFlorianHintzと彼のチームは、より大規模な研究で使用することを目的として、このようなテストバッテリーを設計しました。

より大規模な「IndividuLa」研究(Language in Interactionコンソーシアムが資金提供)では、チームはテストパフォーマンスデータを1,000人の参加者からのDNAと組み合わせます。

さらに、1000人の参加者のうち約300人の脳がスキャンされます。

ただし、作成者は最初に、少数の参加者でテストバッテリーをパイロットする必要がありました。

ハインツ氏は話します。

「以前の個人差の研究では、限られたスキルのセットに焦点が当てられていました。現在のデータセットはさらに一歩進んで、言語ユーザーの言語スキルと非言語スキルの包括的な概要を提供し、スキルごとに複数のテストを行います。」

研究者たちは、18歳から29歳までのさまざまな学歴を持つ112人の参加者をナイメーヘンの研究室に招待しました。

参加者は、新しい測定の信頼性を確立するために、33回のテストを2回完了し、テストセッションの間隔は1か月でした。

テストには、参加者1人あたり約8時間かかりました。

バッテリーには、(1)語彙サイズなどの言語経験のテスト、(2)処理速度や作業メモリー容量などの一般的な認知スキルのテスト、(3)言語処理スキルのテスト、生産量の測定、単語や文章の理解。

よく知られている標準化されたテスト(レイヴンの行列など)とは別に、バッテリーには新しく開発されたテスト(慣用表現のテストやオランダ語文法の規範的ルールのテストなど)が含まれていました。

テストの大部分は信頼性が高く、現在進行中のIndividuLaメインスタディに適していることが証明されました。

チームはまだ本研究の参加者を募集しているので、オランダ語のネイティブスピーカー(18歳から30歳)が参加するよう招待されています。

著者らは、英国データサービスデータアーカイブ(UKDA)で無料で入手できるパイロット調査のデータを共有することを決定しました。

チームは、他の研究者が新しい分析のためにデータベースを使用することを奨励しています。

Hintz氏は話します。

「これらの研究は時間と費用がかかるため、個人差研究が行われることはめったにありません。特に、対面テストが常に可能であるとは限らない現在の状況では、このリソースは研究を実施するための代替ルートを提供する可能性があります。このデータベースは、言語スキル、非言語スキル、および言語知識の関係を調査することに関心のある研究者、臨床医、または教師にとって価値があります。最終的には、このデータセットを使用して、「誰かを優れた言語ユーザーにする理由」という質問に対処するための第一歩を踏み出すことができます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » 言語スキルの認知の個人差を深く調査できるデータベースの設立