なぜ父親と頻繁に関わった子は、問題行動が少ないのか

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

父親と頻繁に関わった子が、問題行動が少ない理由

5000人の子供を対象としたラトガーズ大学の研究によると、食事や読書や遊びなどに頻繁に関わった父親を持つ子は、行動や感情の問題が少ない事がわかりました。

反対に、低賃金で専門的な仕事もない父親は、子供に積極的に関わるのが難しいという事も判明しました。

貧困が子供の育成に大きく関連しています。

In low-income families, fathers who are engaged in their children’s lives can help to improve their mental health and behavior, according to a Rutgers University–New Brunswick study published in the journal Social Service Review.

参照元:https://www.rutgers.edu/news/engaged-dads-can-reduce-adolescent-behavioral-problems-improve-well-being
– ラトガーズ大学 Rutgers University.

ジャーナルSocialService Reviewに掲載されたラトガース大学ニューブランズウィック校の研究によると、低所得の家庭では、子供の生活に従事している父親がメンタルヘルスと行動の改善に役立つ可能性があります。

研究者は、父親が食事、読書、遊びなどの活動に頻繁に従事し、子供時代を通して衣服や食べ物などの必需品を提供する低所得家庭の青年は、行動的および感情的な問題が少なく、間の有意なギャップを減らすことを発見しました。

ラトガース大学ニューブランズウィック校の准教授である主執筆者のレナ・ネポンニャシー氏は話します。

「平均して、社会経済的地位の低い家族の子供は行動の問題が多い傾向があり、父親は社会経済的地位の高い家族の子供よりも全体的な関与のレベルが低い。」

研究者たちは、1998年から2000年の間に生まれた5,000人の子供たちの長期的な行動に関するデータを分析しました。

彼らは、5歳から15歳までの、食事、遊び、読書、宿題の手伝い、現金以外の提供を通じて、父親の関与の頻度に焦点を当てました。

服、おもちゃ、食べ物、その他の必需品などのアイテム。彼らは、そのような関与と、泣き、心配し、戦い、いじめ、学校をスキップすることを含む、子供の内面化および外面化行動との関連を検討しました。

ネポンニャシー氏によれば、教育水準が低く、熟練した仕事が少なく、賃金が低い父親は、過去数十年にわたる社会的および経済的変化のために、子供たちの生活に従事することが難しいと感じるかもしれません。

これらの変化は、特に有色人種の男性の間で、製造業の仕事の喪失、組合力の低下、および大量投獄に関連する刑事司法政策をもたらしました。

研究者たちは、政策立案者、学者、一般市民に、男性が子供と関わり、幸福を改善する機会を増やす賃金、雇用、刑事司法政策を検討するよう促した。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » なぜ父親と頻繁に関わった子は、問題行動が少ないのか

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)