ゲノムの視点から分析からみる東アジアの先史時代の起源

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ゲノムの視点から分析からみる東アジアの先史時代の起源

ハーバード大学/厦門大学/西安交通大学/ウィーン大学の国際的な研究チームは、東アジアの先史時代の人口の起源についてゲノムの視点から分析しています。

In contrast, the 40,000 year old Tianyuan individual – along with present-day and early Holocene people from Mongolia and the Amur River Basin – derive almost all their ancestry from a different early splitting lineage. This lineage plausibly expanded by an interior route and contributed in the highest proportion to ancient Mongolians, people of the Amur River Basin, and early farmers from the West Liao and Yellow River regions.

参照元:https://www.mpg.de/16470802/0222-evan-genomic-insights-into-the-origin-of-pre-historic-populations-in-east-asia-150495-x
– マックスプランク進化人類学研究所 Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology. FEBRUARY 22, 2021 –

研究者たちは、現代人による東アジアの侵略が主に沿岸または内陸のルートを介して起こったかどうかについて長い間議論してきました。

答えはおそらく両方です。

ハーバード大学の遺伝学および人間進化生物学の教授であり、ハワードヒューズ医学研究所の調査員である研究の著者である、共同シニアのデビッド・ライヒ氏は話します。

「ベンガル湾の先住民アンダマン島民、先住民チベット人、古代台湾人、古代および現代の日本人はすべて、40、000年以上前に他の東アジアの血統から分裂した深い共有血統から祖先を引き出しています。これを説明する最も簡単な方法は、東アジアで最も初期の現代人の何人かが東南アジア、中国沿岸、そして日本列島を結ぶ沿岸ルートに沿って広がった場合です。」

対照的に、40、000歳のTianyuanの個人は、モンゴルとアムール川流域の現在および完新世初期の人々とともに、ほとんどすべての祖先を異なる初期分裂系統から派生させています。

この系統は、内部ルートによってもっともらしく拡大され、古代モンゴル人、アムール川流域の人々、および西遼と黄河地域の初期の農民に最も大きな割合で貢献しました。

今日、東アジアにはかなり高度な遺伝的均質性があり、特に過去1万年に発生した深く分裂した系統の混合を反映しています。

現在の東アジア人の人口構造を古代の血統に結び付けるために、共同筆頭著者である厦門大学人類学研究所の所長であるChuan-Chao Wang氏は、46の多様な人口からの383人からのゲノム規模のデータの収集を主導しました。

研究チームはまた、東アジア、中国本土、台湾、モンゴル、日本、ロシアの166人から、約8、000年前までのゲノムスケールの古代DNAデータを生成しました。

Wang氏は、他の研究グループから以前に公開されたデータとともに、これらのデータの統計分析を主導し、古代と現代の人々がどのように相互に関連しているかを理解しました。

家畜化の中心とその周辺の人口密度の増加は、原則として人々と言語を広めることができたであろう人口統計学的拡大を生み出しました。

著者らは、特定の農業の拡大が言語の広がりに関連しているかどうかについて、いくつかの仮説を検証しました。

1つ目は、「トランスユーラシア仮説」です。

モンゴル語、チュルク語、ツングース語、韓国語、日琉語族の言語は、中国北東部の西遼河周辺の初期のキビ農民の拡大に関連する原語から派生している可能性があるという理論です。

この研究は、トランスユーラシア語を話す現在の人々の間で共有されている遺伝的連鎖を確認しています。

彼らはすべて、深く分裂している天元関連の血統からの祖先の大部分を持っています。

ただし、モンゴル語、チュルク語、ツングース語の話者には、西遼河の農民の特徴である古代の血統の特徴的な混合物がないため、このリンクは農業の拡大前にさかのぼります。

しかし、西遼河の農民は、現在の韓国人と日本人の主要な供給源集団の優れた候補であるように思われます。

2番目の仮説は、シナチベット語の起源に関するものです。

著者は、チベット人と漢民族の両方の祖先のほとんどが、紀元前3、000年頃に住んでいた黄河の農民と密接に関係している人口から来ていることを示しています。

共同筆頭著者である中国の西安交通大学のHuqinZhang教授は話します。

「調査結果は、アッパーイエローリバーベイスンとミドルイエローリバーベイスンでキツネノテブクロを栽培している新石器時代の農民が南西にチベット高原に向かって拡大し、現在のチベット・ビルマ語を広め、東と南を中央平原と東海岸に向かって拡大し、漢語の言語の祖先です。」

3番目の仮説は、言語の普及と稲作に関するものです。

以前の古代DNA分析は、東南アジアと南アジアでの稲作の広がりを、オーストロアジア語族、タイカダイ語族、およびオーストロネシア語族と相関させています。

この研究は、中国南部の多様な先住民グループのモデリングを通じて、これらの多様な言語グループとのつながりを強化しています。

モンゴルはユーラシアステップの東端近くにあり、考古学的な証拠は、過去1万年の間、この地域が東ユーラシアと西ユーラシアの間の文化交流の導管であったことを示しています。

たとえば、ヤムナヤ草原の牧歌主義文化の東方への拡張であるアファナシェヴォ文化は、紀元前3千年紀の変わり目にモンゴルに影響を与えましたが、ヤムナヤの祖先が最初に到着した後に恒久的に確立されたヨーロッパとは対照的に、ほぼ完全な置き換えこれらの移民によってもたらされた祖先の一部は、アファナシェヴォ文化の衰退に続いてモンゴルで発生しました。

驚くべきことに、最初のヤムナヤの拡大からの祖先は、少なくとも鉄器時代まで中国北西部で生き残りました。

ウィーン大学の共同主執筆者であるロン・ピンハシ氏は話します。

「これにより、ヤムナヤの拡大が広がりのベクトルであったという理論の妥当性が高まります。」

「私たちの分析は、西からのモンゴルへのその後の祖先の影響も記録しています。これらのうちの1つは、ヤムナヤの祖先が最初に出現してから1千年以上もの間モンゴルに戻ってきました。今回は、ヨーロッパの農民からの約3番目の祖先と混ざり合っていました。」

ピンハシ氏は補足します。

「西からのもう1つの影響は、約4、500年前に始まり、イランと中央アジアの人々に関連する内アジアの山岳回廊に沿って祖先をもたらしました。しかし、この祖先は、モンゴルと中国西部の人口に一時的な初期の貢献しかしませんでした。そして二千年の間、私たちの古代DNAの時代に再び現れることはありません。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » ゲノムの視点から分析からみる東アジアの先史時代の起源