精子は妊娠の可能性を向上のため女性の生殖組織に直接シグナルを送る事もある

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

精子は妊娠の可能性を向上のため女性の生殖組織に直接シグナルを送る事もある

精子は、妊娠の可能性を高めるために、女性の生殖組織に直接シグナルを送ることもあるそうです。

It has been known that proteins in seminal fluid modulate the female immune response at conception to encourage her body to accept the foreign embryo. Whether sperm affect this response has not been clear until now.

参照元:https://www.adelaide.edu.au/newsroom/news/list/2021/05/17/sperm-help-persuade-the-female-to-accept-pregnancy
– アデレード大学 University of Adelaide.  May 17 2021  –

精子は一般的に、生殖において女性の卵子と受精するという1つの作用しか持たないと考えられていますが、アデレード大学の研究はその見解を覆しつつあります。

Nature Research誌のCommunications Biologyに掲載された新しい研究によると、精子は、妊娠の可能性を高めるために、女性の生殖組織に直接シグナルを送ることもあるという。

このプロジェクトを主導したロビンソン研究所のサラ・ロバートソン教授は話します。

「本研究は、女性の免疫反応が、精子のシグナルによって説得され、男性パートナーが卵子と受精して妊娠することを可能にすることを示した初めての研究です。これは、精子が単なる遺伝物質の運搬者ではなく、女性に生殖資源をその男性に投資するよう説得する代理人であるという、これまでの精子の能力に関する理解を覆すものです。」

これまで、精液中のタンパク質が受胎時の女性の免疫反応を調節して、女性の体が異物である胚を受け入れるように促すことが知られていました。

精子がこの反応に影響を与えるかどうかは、これまで明らかになっていませんでした。

研究チームは、無傷の精子を持つオスと精管切除したオスとの交配が、マウスの子宮内の全遺伝子発現に及ぼす影響を評価しました。

精子を残したオスは、メスの遺伝子に大きな変化をもたらし、特に免疫反応経路に影響を与えました。

また、精子と接触した雌は、精管切除した雄と交配した雌よりも強い免疫寛容を示しました。

また、精子が女性の細胞に与える影響を細胞培養実験で調べた結果、精子が直接の原因であることが確認されました。

これらの新しい知見は、精子の健康は妊娠するために重要なだけでなく、健康な赤ちゃんを産む可能性にも継続的に影響を与えることを示唆しています。

年齢、食生活、体重、アルコール、喫煙、環境化学物質への暴露などの要因は、男性の精子の質に影響を与えるため、これまで考えられていたよりも妊娠の健康に大きな影響を与える可能性があります。

ロバートソン教授は話します。

「精子が単に卵母細胞を受精させるだけでなく、生殖現象に影響を及ぼすことが認識されたことで、精子の質が妊娠だけでなく、妊娠の健康にも影響を及ぼす可能性があることがわかりました。再発流産、子癇前症、早産、死産などの症状は、パートナーの精子が関与する方法で、女性の免疫反応に影響されます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » 精子は妊娠の可能性を向上のため女性の生殖組織に直接シグナルを送る事もある

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -