「成人以降のストレスホルモンのレベルが低い」幼少期に友達が多い人

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「成人以降のストレスホルモンのレベルが低い」幼少期に友達が多い人

ハイエナの世界では、幼少期に友達が多ければ、基本的に大人になってからのストレスホルモンのレベルは低くなるようです。

Stress hormones can be elevated in an appropriate situation — like when being chased by a lion or a higher-ranking hyena — and when nothing’s happening, levels of stress hormones remain low.

参照元:https://www.colorado.edu/today/2021/07/22/early-life-social-connections-influence-gene-expression-stress-resilience
– コロラド大学ボルダー校  University of Colorado at Boulder. July 22, 2021 –

友人をもつことは、社会生活の健全性だけでなく、実際の健康にもよいかもしれません、もしあなたがハイエナであれば、ですが・・・。

コロラド大学ボルダー校が野生のスポテッドハイエナを対象に行った研究によると、人生の早い時期に社会的なつながりが強く、母親のケアが行き届いていると、DNAの遺伝子発現や将来のストレス反応に関連する分子マーカーに影響を与える可能性があるそうです。

研究者らは、ハイエナの子供の頃や10代の頃に、社会的なつながりや母性的なケアが多いと、大人になってからのストレスホルモンの濃度が低くなり、免疫機能や炎症、老化に関わる遺伝子付近を含むDNAの修正が少なくなることを発見しました。

本研究は、野生動物の幼少期の社会環境と、その後の健康やストレス反応の指標との関連性を調べた初めての研究の一つです。

この研究は、「幼少期の経験は重要である」という考えを裏付けるものです。

生態学・進化生物学のポスドクである筆頭著者のZach Laubach氏は話します。

「幼少期の経験は重要であり、分子レベルや将来のストレス反応に影響を与えるようで、しかもそれが持続します。」

1950年代から60年代にかけて、ネズミや霊長類、人間の幼少期の経験と、その後の行動や生理的な違いとの関連性が実験室で研究されてきました。

2004年に発表されたある画期的な研究では、母親によく舐められたり、毛づくろいをされたりしたラットの子供は、ストレス反応の制御に関わる遺伝子のDNAメチル化が少ないことが示されました。

これをきっかけに、幼少期の経験が、ストレスや健康に影響を与える遺伝子の修飾パターンに関係していることを示す証拠がもっと欲しいと思うようになりました。

過去20年間の研究で欠けていたのは、この関係を野生動物で研究できるかどうかでした。

そこで登場したのが、「マサイマラ・ハイエナ・プロジェクト」です。

1980年代に、共著者であるミシガン州立大学のKay E. HolekampとLaura Smaleが立ち上げたこのプロジェクトは、ケニアのマサイマラ国立保護区におけるハイエナの個体数について、30年以上にわたって継続的にデータを収集してきました。

動物の行動、進化、保全を研究するためのこの貴重な資源を使って、研究者たちは、個々に知られている動物のデータを何世代にもわたって活用し、彼らの相互作用、行動、生物学的マーカーの関連性を導き出してきました。

このプロジェクトのデータを10年近く扱っているLaubach氏は話します。

「同一の個体群から行動、生理、分子マーカーを測定できたことで、考えられるメカニズムをより深く掘り下げることができました。」

ハイエナは、献身的な母親であり、厳格な社会的ヒエラルキーを持ち、一貫したタイムラインに沿って子を育てるので、このような研究には理想的です。ハイエナは大きな子を産むのではなく、通常、一度に1〜2頭の子を産みます。

子グマは生まれてすぐに共同の巣穴に入り、そこで仲間のグループに溶け込みます。

その後1年間は授乳し、母親が舐めたり手入れをしたりしますが、その後、子グマは巣穴から出て歩き始め、ティーンエイジャーのように、自分の道を切り開いていくことを学びます。

研究者たちは、ハイエナが10代の頃に社会的なつながりを持てば持つほど、その後の人生で基準となるストレスホルモンのレベルが低くなることを発見しました。

これは一般的に、健全なストレス反応を示しています。

ライオンや格上のハイエナに追われているときなど、適切な状況下ではストレスホルモンが上昇し、何もないときはストレスホルモンのレベルは低いままです。

Laubach氏は話します。

「幼少期に友達が多ければ、基本的に大人になってからのストレスホルモンのレベルは低くなります。このことから、幼少期の経験をストレスに結びつけるタイプ、タイミング、メカニズムは、管理された実験室環境だけでなく、動物が自然の変化にさらされている野生でも、重要であると考えられます。」

一般的にハイエナは、他の脊椎動物と同様に、危険な状況から逃れる際に、エネルギーを動員し、心拍数を上げ、消化や生殖などの非本質的な機能を停止させるストレスホルモン(コルチゾールなど)の効果を享受します。

しかし、人間や他の動物が慢性的なストレスを受けた結果、これらのプロセスが毎日慢性的に発生することには、身体的に大きな欠点があります。だからこそ、健全なストレス反応が重要なのです。

Laubach氏は話します。

「ストレスホルモンは、さまざまな基本的な生物学的機能に不可欠であるため、私たちには必要です。また、肉食動物から逃げるときなど、適切な状況下では命を救うこともできます。しかし、これらのホルモンが慢性的に上昇すると、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。」

研究者たちはまた、幼少期の社会的経験と、その後のストレスの現れ方との関係が、分子メカニズムによって管理されているかどうかを調べようとしました。

そのために、Laubach氏と共同研究者は、動物が幼少期に受けた世話や交流の度合いを測定・分析し、それが後年のDNAの特定の変化と関連しているかどうかを調べました。

これらの修飾は、DNAメチル化と呼ばれるプロセスを経て、特定の遺伝子の発現を変化させ、その結果、動物の生理や行動に影響を与える可能性があります。

研究チームは、ハイエナが生後1年間に受けた母親のケアや、巣立ち後の社会的つながりが、DNAメチル化レベルの違いに対応していることを発見しました。

この結果は、曝露のタイミングが健康状態にどのような影響を与えるかを研究する疫学的な研究が増えていることを反映しています。

Laubach研究員は、「生物が成長する過程では、敏感な時期と呼ばれる特定の時期があり、その時期に曝露された場合は、後の時期に曝露された場合に比べて、より大きく、より持続的な影響を受ける」という考え方です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » 「成人以降のストレスホルモンのレベルが低い」幼少期に友達が多い人

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)