「自分も非倫理的になってしまう」身内の非倫理的行動を許すという行動

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「自分も非倫理的になってしまう」身内の非倫理的行動を許すという行動

身近な人が倫理に背く事をした場合、人はより寛容にその裁きを下すことになります。が、その判断は自信の自尊心を犠牲にしており、非倫理的な行動を常態化してしまう危険性をはらんでいます。

When someone close to us behaves unethically, we face a conflict between upholding our moral values and maintaining our relationship.

参照元:https://www.apa.org/news/press/releases/2021/07/forgiving-misbehave
– 米国心理学会 American Psychological Association. July 29, 2021 –

米国心理学会(American Psychological Association)が発表した研究結果によると、人が悪いことや倫理に反することをしたとき、愛する人は、同じ罪を犯した他人を裁くよりも厳しくなく裁くかもしれませんが、その寛容さは、裁く人自身の自己価値感を犠牲にしているかもしれません。

トロント大学の博士候補であるレイチェル・フォーブス氏(MA)は話します。

「恋愛相手や友人、家族が倫理に反する行為をしたとき、私たちはどのように反応するのでしょうか。過去の研究では、見知らぬ人が倫理に反する行動をした場合の反応はよくわかっていますが、自分が深く関わっている人が加害者だった場合の反応はほとんどわかっていません。」

「身近な人が非倫理的な行動をとったとき、私たちは自分の道徳的価値観を守ることと、関係を維持することの間で葛藤することになります。私たちは、この葛藤をよりよく理解するために、この研究を行いました。」

この研究は、Journal of Personality and Social Psychologyに掲載されました。

研究者たちは、1,100人以上の参加者を対象に、4つの実験を行いました。

1つの実験では、参加者は、ロマンチックなパートナー、親しい友人、または見知らぬ人が、慈善団体の募金箱からお金を盗むなど、倫理的でない、または不道徳な行為をしたという仮想の状況について読みました。

別の実験では、参加者に、恋愛相手や親しい友人、見知らぬ人が非倫理的・非道徳的な行為をするのを目撃した瞬間を思い出してもらいました。

3つ目の実験では、参加者は15日間、毎日目撃した道徳的な違反行為を記録しました。

それぞれの実験において、参加者は、行為を行った人物、行為の重大性、違反者がどの程度厳しく罰せられるべきかについて、一連の質問に答えました。

また、参加者は、自分が経験したネガティブな感情や、自分の道徳観など、自分自身についてどう感じるかという質問にも答えました。

その結果、3つの実験のいずれにおいても、参加者は、家族や親しい友人が悪い行いをすることに対して、怒りや軽蔑、嫌悪感を感じなくなりました。

また、他人よりも道徳的であると評価し、彼らを罰したり批判したりしたいと思わないことがわかりました。

一方で、親しい人が道徳的・倫理的に問題のある行為をした場合、参加者は恥ずかしさや罪悪感、困惑を感じ、自分の道徳性を否定的に評価する傾向が見られました。

第4の実験では、参加者は、恋愛相手、親しい友人、親戚の他人と物理的にペアになりました。

その後、2人は別々の部屋に移動し、自分に関する一連の質問に書面で回答するよう求められました。

その後、研究助手を介して答えを交換し、それを本に書き写すように指示されました。

第1ラウンドでは、パートナーは本物の回答を受け取りましたが、第2ラウンドでは、パートナーが嘘をついたり、盗用したり、利己的な行動をとったりと、倫理的に問題のある行動をとったことを示す偽の回答が与えられました。

その後、これまでの実験と同様に、参加者はパートナーや違反行為、どの程度厳しい罰を与えるべきか、自分自身についての感情などについて一連の質問に答えました。

その結果、最初の3つの実験と同様の結果が得られましたが、効果はそれほど強くありませんでした。

フォーブス氏は、4回目の実験で見られた効果が一貫していないのは、この研究で参加者に提示された非倫理的な情報が、実験前には参加者に知られておらず、見知らぬ人から非常に大胆な方法で初めて共有されたからではないかと考えています。

フォーブス氏は話します。

「倫理に反する行為を事前に参加者に伝えず、研究者に伝えることを選択したために、参加者が身近な人に腹を立てた可能性があります。大切な人の非倫理的な行為を見知らぬ人から聞くのは、友人や恋人から直接聞くよりも、少しショックを受ける可能性があります。」

「学生とオンラインの両方のサンプルを対象に、さまざまな方法で調査を行った結果、違反者と親しい関係にあるかどうかが、その人の悪い行動に対する反応に大きく影響することが示唆されました。」

共著者であるトロント大学のジェニファー・ステラー博士は話します。

「日常生活において、非倫理的な行動は社会的なつながりと密接に関係していることが多いため、今回の発見は重要です。」

「親しい人の違反行為に対して観察者がより寛大であることを確認したことで、このような状況で個人がどのように道徳的規範を取り締まるかについて、より深い懸念が生じました。このことは、人々が親しい人の違反を見過ごしたり、指摘しなかったりすることを可能にし、社会の道徳的規範を維持する上で危険をもたらすかもしれません。」

研究者たちは親密な関係に焦点を当てましたが、ステラ氏は、グループの一員として共有されている場合など、他の関係にも同じプロセスが当てはまる可能性があると考えており、今後の研究に取り入れるべきだと考えています。

フォーブス氏は話します。

「今回の研究の重要な限界として、極めて深刻な不道徳な行為に対する反応を調べていないことが挙げられます。非常に不道徳な行為は、確かに人間関係に大きな負担をかけるので、異なる効果を示す可能性があります。」

この研究について語る際に彼女がよく使う例として、「TODAY」の司会者であるSavannah Guthrie氏(サバンナ・ガスリー)が、ガスリーの同僚であり友人でもあるMatt Lauer氏(マット・ラウアー)に対する性的不祥事の告発に対して語った言葉があります。

ガスリー氏は、告発のニュースを受けて、放送中に次のように述べました。

「私たちは、多くの人がこの数週間で直面したジレンマに取り組んでいます。誰かを愛する気持ちと、その人が悪い行いをしたという事実をどう折り合いをつけたらいいのでしょうか?」

フォーブス氏は話します。

「非常に深刻な非倫理的行為の場合、自分の道徳的価値観との対立がより明確になる可能性があります。これは調査が非常に難しいため、身近な他人がどのように反応するかはまだわかりません。」

また、最初の3つの実験の参加者は約80%が白人であったという制限もあります。

フォーブスは続けます。

「今回の論文は、親しい他者の非倫理的な行動に対する反応を理解するための最初の一歩となりましたが、今後の研究では、より人種的に多様なサンプルだけでなく、恋愛関係の研究に特に関連する性的指向の多様性をより適切に表現するよう努めるべきでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「自分も非倫理的になってしまう」身内の非倫理的行動を許すという行動