「安全で効果的な腎臓がん治療」連続照射による放射線治療

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「安全で効果的な腎臓がん治療」連続照射による放射線治療

腎臓がんに対しては、全身療法よりも連続照射による放射線治療の方が安全で効果的であるようです。

radiation therapy as monotherapy is a safe and effective noninvasive treatment for oligometastatic renal cell carcinoma (RCC).

参照元:https://www.mdanderson.org/newsroom/serial-radiation-therapy-is-safe-and-effective-as-alternative-treatment-to-systemic-therapy-for-kidney-cancer.h00-159464790.html
– テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター University of Texas M. D. Anderson Cancer Center. October 27, 2021 –
画像: テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター University of Texas M. D. Anderson Cancer Center

テキサス大学MDアンダーソンがんセンターの研究者らは、新たな単群試験において、放射線療法の単剤投与は、乏しい転移性の腎細胞がん(RCC)に対して安全かつ効果的な非侵襲的治療法であることを報告しました。

本研究成果は、The Lancet Oncology誌に掲載されました。

放射線腫瘍学助教授のChad Tang氏が率いるMDアンダーソンRCCオリゴメタスタシスフェーズII試験は、オリゴメタスタシス性RCC(体内の1~2箇所に少数のRCC腫瘍が新たに形成される疾患状態)に対して、標準的な全身療法に代わる治療法として定位体照射療法(SBRT)を使用することを調査・報告した初めての試験です。

腎臓がんの中で最も多いタイプであるRCC患者において、単剤での連続SBRTは抗腫瘍効果を示し、無増悪生存期間(PFS)の中央値22.7カ月を達成しました。

Tang氏は話します。

「今回の結果は、RCCは生物学的に放射線抵抗性であるという放射線腫瘍学の常識を覆すものであり、非常に興味深いものです。RCCは生物学的に放射線抵抗性であるという放射線腫瘍学のドグマに挑戦しているからです。この結果は、RCC患者にとって放射線治療が全身療法に代わる治療法になり得ることを示唆するものです。」

SBRTは、高濃度の放射線を用いて、周囲の健康な組織を傷つけることなく腫瘍部位を正確に治療します。

SBRTは、コンピュータ断層撮影(CT)や磁気共鳴画像(MRI)などの高度な画像技術を用いて腫瘍の位置や形状をマッピングし、正確な角度や強度を決定することにより、非侵襲的な局所治療であり、様々な解剖学的位置にある転移性病変を制御するために繰り返し適用することができます。

この方法は、小型で早期の肺がんや前立腺がんの患者さんの治療によく用いられます。

一方、腎臓がんでは、放射線は痛みや症状を和らげるための緩和的な治療法として用いられることが多く、免疫療法や分子標的治療薬などの全身療法は最前線の治療法として用いられることが多いです。

全身療法は効果が高い反面、全身に作用するため、大きな毒性を伴うことがあります。

Tang氏は話します。

「私たちは、この新しい放射線治療法を開発することで、治療パラダイムの転換を図り、一部のRCC患者に全身療法に代わる低コストで毒性の低い治療法を提供したいと考えています。」

2018年7月から2020年9月にかけて、研究者らは、明細胞亜型のRCCと診断され、転移病巣が5個以下の患者30人を登録しました。

この試験は、白人20人(67%)、ヒスパニック7人(23%)、黒人2人(7%)、ネイティブアメリカン1人(3%)の参加者で構成されました。年齢の中央値は65歳で、女性が6名(20%)、男性が24名(80%)でした。

本試験の主要評価項目は、PFSの推定と実施可能性の評価でした。

全般的に、放射線治療は保存的な管理で良好な忍容性を示しました。

すべての患者が少なくとも1回の放射線治療を完了し、毒性のために線量の減少や中止を必要としませんでした。

6人の患者(20%)がグレード2以下の有害事象を経験し、2人の患者がグレード3の事象(痛みと筋力低下)を経験し、1人の患者がグレード4の事象(高血糖)を経験しました。

治療から3カ月後に採取された生検では、放射線治療が生存している腫瘍細胞を排除するか、またはその増殖を著しく抑える効果があることが確認されました。

研究者らは、初回フォローアップ時に14人の患者に対してCTガイド下の生検を行いました。

その結果、6名(43%)の患者では、生存している悪性腫瘍が陰性でした。

残った患者のうち、検査が可能だった人は全員、腫瘍細胞の増殖が有意に減少し、放射線治療前の15%から治療後には6%にまで低下しました。

報告された研究期間が終了した時点で、23人の患者(77%)は全身治療を受けていませんでした。

SBRT単独療法のリスクとベネフィットをさらに検討するためには、より大規模な無作為化試験が必要ですが、本研究では、少数転移性RCCに対する放射線療法が実施可能であり、最小限の毒性で良好な結果が得られることが示されました。

Tang氏は話します。

「今回の結果を受けて、寡少転移性RCCに対する連続照射療法は、治療法を変える可能性があると確信しています。今回の結果を受けて、少子種転移性RCCに対する連続照射療法が治療法を変える可能性があると確信しました。今後は、病状がやや重い患者さんを対象にこの戦略の研究を続け、これらの治療を受けた患者さんのバイオマーカーを分析して、この治療法が有効な患者さんを選択する能力を向上させる予定です。」

この試験は、Anna Fuller Foundation、Cancer Prevention and Research Institute of Texas(CPRIT)、National Cancer Instituteの支援を受けて実施されました。

泌尿器系医療腫瘍学の助教授であるPavlos Msaouel医学博士が共同執筆者、泌尿器系医療腫瘍学の教授であるNizar Tannir医学博士が上席執筆者を務めました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 技術 » 「安全で効果的な腎臓がん治療」連続照射による放射線治療

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)