注意力に問題がある学生「カンニングする可能性が高い」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

注意力に問題がある学生「カンニングする可能性が高い」

カンニングとその取り締まりは、イタチごっこのように何年も続けられています。
カンニングをしてしまう人は、注意力に問題がある人物が多いそうです。

High school students who have trouble paying attention in class are more likely to admit to cheating, a new study shows.

参照元:https://news.osu.edu/students-with-attention-problems-more-likely-to-cheat/
– オハイオ州立大学 Ohio State University. Jan 18,2022 –

授業に注意を払うのが苦手な高校生は、カンニングを認める可能性が高いことが、新しい研究で明らかになった。

研究者らは、不注意が生徒の多動性を引き起こし、両者が一緒になってカンニングのレベルを上げる原因になっていることを発見した。

オハイオ州立大学教育心理学教授のEric Anderman氏は、この研究の主執筆者で、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの正式な診断を受けない生徒が多いため、この問題は重要であると述べています。

「ADHD と診断された学生は多くのサポートと学校での助けを得るが、他の多くの注意の問題を持つ子供たちは、その隙間からこぼれ落ちてしまいます。」

「彼らは、彼らが学校でより良いを助け、カンニングを避けることができる彼らが必要とする助けを得ることはありません。」

Anderman氏は、Terrace MetricsのRichard Gilmanと、オハイオ州立大学の教育学の博士課程学生Xingfeiyue Liuと博士研究員Seung Yon Haと共に研究を行いました。

その成果は、最近、雑誌「Psychology in the Schools」に掲載されました。

研究者らは、中西部の3つの公立学校(郊外2校、農村1校)に通う855人の青少年を対象に調査を行った。データは、約1年おきに2回、生徒から収集されました。

生徒たちは、標準化された不注意の尺度を記入し、教師への注意力がどの程度欠けていると感じるか、どの程度忘れっぽいか、注意持続時間が短いか、などを評価するよう求められました。

多動性については、「じっとしているのが苦手か」「人の話を聞き流すことがあるか」などの質問に対する回答で評価しました。

不正行為については、「カンニングペーパーを使った」「他の生徒の答案をコピーした」など、どの程度正しいかを評価しました。

その結果、不注意のレベルが高い学生ほど多動性が高く、多動性が高い学生ほどカンニングの割合が高いことがわかりました。

多動性そのものは、カンニングの多さと関連はありませんでした。

Anderman氏は話します。

「不注意は、教室での問題につながる原動力です。」

「生徒は注意を払わないので、席を立ってふざけ、その両方を合わせると、より多くの不正行為をするための完璧なセットアップです。」

この研究では、うつ病、学習障害、性別、民族性、成績平均点、特別教育サービスの資格の有無など、カンニングに関連する他の様々な要因を考慮しましたが、やはり不注意がカンニングと関連していました。

さらに、研究者たちは、生徒がクラスでどの程度破壊的であったかを、仲間からの報告に基づいて調査しました。

その結果、不正行為には影響がありませんでした。

Anderman氏は話します。

「不注意と多動を考慮すると、破壊力はカンニングと関係がないことがわかりました。それは、カンニングの行動の原動力になっているものではありません。」

一般に、ADHDの割合は17歳以下の学生の7〜9%と言われています。

しかし、研究によると、注意力や多動性に問題があっても、ADHDの診断基準を満たさない、あるいは一度も診断を受けていない生徒がその3倍もいることが指摘されています。

だからといって、彼らに援助が必要ないということにはならないと、Anderman氏は言います。

「注意力に問題のある生徒が自己調整能力を身につけ、学習者になる方法を学ぶのを助けることができる、証拠に基づくプログラムがたくさんあります。」

「これらのプログラムを利用できれば、授業で学ぶことができますし、カンニングをする必要もなくなります。そして、このような生徒が部分的に学習できていないのは、助けられない注意力の問題が原因なのです。」

この研究のデータ収集は、ユニス・ケネディ・シバー国立小児保健・人間開発研究所と国立司法研究所からの助成金によって支援されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 注意力に問題がある学生「カンニングする可能性が高い」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)