サンドイッチ世代「子育て・老齢の親の介護」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

サンドイッチ世代「子育て・老齢の親の介護」

何百万人物アメリカ人が、子供の養育と年老いた両親の介護に追われているようです。

Their older parents need care. Their kids are still under 18. And they probably have a job, too.

参照元:https://labblog.uofmhealth.org/industry-dx/sandwich-generation-study-shows-challenges-of-caring-for-both-kids-and-aging-parents
– ミシガン・メディスン-ミシガン大学 Michigan Medicine – University of Michigan. December 08, 2022 –

高齢の両親が介護を必要としている。

彼らの子供はまだ18歳未満である。

そして、彼らもまた、おそらく仕事を持っている。

彼らは “サンドイッチ世代” – 主に女性、一度に高齢者と若い家族の両方の介護者として機能するアメリカ人のほとんどの中年グループのための長年のニックネームです.

新しい研究によると、この世代は少なくとも250万人いると推定され、どのような人たちなのか、またどのような高齢者がこの世代を頼りにしているのかが詳細に示されています。

ミシガン大学精神医学部の研究チームによると、65歳以上の親を介護している成人の4分の1近くが、18歳未満の子どもを1人介護していることが明らかになった。

アメリカ老年医学会誌によると、研究者たちは、介護のサンドイッチ世代と、高齢者がいて未成年の子供がいない介護者とがどのように違うかを示しています。

全体として、サンドイッチ世代の介護者は、65歳以上の親だけの介護者よりも、経済的困難を訴える可能性が2倍高く(36%対17%)、かなりの精神的困難を訴える可能性が高い(44%対32%)ことが分かりました。

また、介護のサンドイッチ状態にある人は、高齢者のみの介護をしている人に比べて、過負荷の指標の平均点が高かった。
介護のポジティブな影響に関する指標では、どちらのグループもほぼ同じ平均点でした。

医療政策への影響

親や子供の世話をするだけでなく、サンドイッチ世代の介護者は、他の介護者よりも有給で働く可能性が高い(69%対54%)。しかし、彼らや彼らの両親は、低所得者にも適用されるメディケイドの適用を受けている可能性も高いです(介護者の21%対11%、両親の30%対21%)。

そのため、この介護者のグループは、政策立案者が注意を払うべきユニークなグループであり、彼らの特別なニーズを考慮する必要があると研究者は述べています。

連邦政府と州政府のメディケイドプログラムは、老人ホーム入居者の60%の介護費用を負担しているため、家族介護者の助けが、高齢者が自立した生活を送るか、老人ホームに入居しなければならないかの違いになるかもしれません。

このことは、初産婦の年齢が上昇し、一家庭あたりの子供の数が少なくなっている現状では、特に重要なことです。

この研究は、U-M大学精神医学部博士研究員のLianlian Lei博士、老年精神医学准教授のDonovan Maust医学博士、医学博士、VA Ann Arborヘルスケアシステムの臨床管理研究センターおよびU-M大学ヘルスケア政策・イノベーション研究所のメンバーでもあるAmanda N. Leggett博士、ウェイン州立大学老年学研究所・心理学科の助教によって行われたものです。

研究の進め方

研究者たちは、National Study of CaregivingとNational Health and Aging Trends Studyのデータを組み合わせました。

研究者たちは、介護者とその両親の匿名調査データを丹念に組み合わせました。

全部で1,106人の介護者のデータがあり、そのうち194人は18歳未満の子供が少なくとも1人いました。

サンドイッチ世代の介護者は、調査データのある合計436人の高齢の親を世話し、サンドイッチ世代ではない912人は、1,217人の高齢者を世話しました。

調査には、18歳未満の子どもの特徴や、介護者が何らかの責任を負っている可能性のある若年成人や孫の情報は含まれていない。

両群とも、介護者の約60%が女性であり、人種・民族、配偶者の有無、学歴、収入などの構成はほぼ同じでした。

しかし、サンドイッチ世代の介護者は平均して若かった(46歳対非サンドイッチ世代の56歳、サンドイッチ世代の35%が45歳以下であるのに対し、非サンドイッチ世代の介護者はわずか9%であった)。

介護経験の違い

サンドイッチ世代の介護者は、ナーシングホームやアシステッドリビングセンターで提供される居住ケア以外の環境で生活している可能性が高かった(91%対78%)。

どちらのグループも、過去1ヶ月に約75時間の介護をしています。

年齢的に、サンドイッチ世代以外の介護者は、年老いた親の面倒をみて平均約8年であったのに対し、サンドイッチ世代の介護者は5.5年でした。

この2つのグループの親にはいくつかの重要な違いがあり、サンドイッチ世代の介護者は平均して若く、結婚している可能性が高く、一人暮らしの可能性も低いことがわかりました。

また、全体としてより多くの介護時間を受け、複数の介護者に助けてもらう傾向がありました。

また、有給で働いている介護者では、介護のために仕事を休んだり、仕事中に仕事を減らす「アブセンティズム」「プレゼンティズム」については、両グループに差はありませんでした。

介護者トレーニングや支援グループなど、介護の仕事を助けるための支援サービスを利用した人は両グループとも少数派でしたが、サンドイッチ世代の介護者は、高齢の親のために経済的な支援制度を見つけた人が多かったようです。

これは、メディケイドの受給資格がある人の割合が高いことと符合しています。

Lei氏:私たちの分析は、サンドイッチ世代の介護者が直面している並外れた要求レベルを浮き彫りにしています。彼らは、多くの尺度で、18歳未満の子どもの世話をしながら、サンドイッチ世代ではない介護者と同じくらい、高齢の親をサポートしています。この特定の集団の課題とニーズについて、より多くの研究が必要です。

Maust氏:政策立案者や雇用主は、2世代の介護者でありながら同時に労働力の一員でもあるという、この「トリレンマ」に陥っている人々に特に注意を払うべきです。高齢の親、その他の親族、友人、隣人など、高齢者を介護するすべての人が支援サービスや有給休暇を利用できるようにすれば、労働市場への参加や老人ホームの利用にも違いが生まれるかもしれません。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » サンドイッチ世代「子育て・老齢の親の介護」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事