不吉なことが起きる?「13日の金曜日」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

不吉なことが起きる?「13日の金曜日」

13日の金曜日を恐怖の目で見ている人は多いです。何か悪い事があれば13日の金曜日に関連させます。が、実際には不吉な事が起きる科学的証拠はなく、恐怖で悪い事に関連させていること自体が問題のようです。

Have you watched the movie Friday the 13th? Scary, isn’t it? Well, perhaps not quite as scary as the infamous Rebecca Black song, “Friday” – but close enough. If you are one of those who carries around a rabbit’s foot and strokes it all day long for good luck or makes a wish after blowing away a fallen eyelash – then you are probably in the midst of bolting your doors, turning on all the lights and hiding under the comforting warmth of your comforter. Tomorrow just so happens to be Friday the 13th and if you have friggatriskaidekaphobia – it’s simply not a day to be trifled with.

参照元:https://www.psychologicalscience.org/news/releases/do-you-fear-now-that-friday-the-13th-is-here.html


「13日の金曜日」には不吉なことが起こるという事を信じている人が居ます。

Friggatriskaidekaphobiaと言うのですが、社会現象にまでなっており一部の社会に影響を及ぼすほどの現象になっています。

あなたは映画の金曜日13見ていますか?

まあ、恐らく悪名高いレベッカ・ブラックの曲「Friday」ほど怖くないかもしれませんが、十分に近いものです。

あなたがウサギの足を持ち歩き、幸運のために一日中それを撫でたり、落ちたまつげを吹き飛ばした後に願い事をしたりする人の一人なら、あなたはおそらくドアをボルトで固定し、すべてのライトをオンにしている最中かもしれませんね。

そしてあなたは、掛け布団の慰めの暖かさの下に隠れているでしょう。

このことに「ハイ」と答えますか?もし「ハイ」と答えるなら、その定義と同じくらい恐ろしいことがあります。

Friggatriskaidekaphobia現象が13日の金曜日を恐怖の目で見ています。

それは、何世紀もの間世界を周っている一般的な迷信です。

例えばでボリウッド(ムンバイベースのインド映画産業)では映画の公開や生産を躊躇します。

13日の金曜日に映画を解放すると、彼らはそれが不運に遭いその映画がボックスオフィスで失敗することがあるのを恐れるからです。

また、株式市場は13日の金曜日には(システムや取引などが)遅くなり、人々は旅行を延期し、主要な金融取引と取引を行っていない等です。

しかし、いったい何が13日の金曜日の日付を恐れさせるのでしょうか?

コーネル大学の心理学科の議長を務めるトーマス・ギルオービック氏は話します。

「人々は13日の金曜日を、悪い事や自分の生活の中でのイベントに関連付けることが多いので恐れています。心は連想システムであり、何か悪い事があれば13日の金曜日に関連させ、永遠にあなたの心に関連させます。心理学は迷信がどのように機能するのか、そしてなぜ人々が特定のことをし、特定の方法で行動するのかを理解するのに役立ちます。」

ストレスノースカロライナ州の管理センターと恐怖症研究所によると、アメリカ人の1700万~2100万人が、13日の金曜日の恐怖に信じ苦しんでいるようです。


ギルオービック氏は迷信と13日の金曜日に周囲の不運に証拠や有効性がないことを述べます。

「人々はそれらの基礎を理解せず、またどこから持ち出したか知らないが不運などが起きた数を覚えていたりします。」

ハーバード大学の心理学教授であるダニエル・ウェグナー氏は、過去数年間、特にそれらが存在しない場合に、因果関係を見る人間の傾向を研究してきました。

「私たちの心は、私たちの行動や世界で起こる他のことを引き起こします。私たちが何かが起こる前にたまたま考えたからといって、私たちが強力な因果関係者であると信じていることがよくあるようです!」

ウェグナー氏はまた、スポーツを介して特定のことを起こる前に考える人々は、彼らがそれらを引き起こした積極的な力であると信じさせることができるという彼の理論を強調しています。

「これが、スポーツファンが冷蔵庫に行くことを恐れる理由です。チームがテレビで負ける可能性があるからです。チームを積極的に応援して良い考えを持っていない場合は、負けに向けてバランスを崩すのは彼らかもしれません。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » 不吉なことが起きる?「13日の金曜日」