ピアノのある一定レベル以上スキルアップは、量ではなく質が重要

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ピアノのある一定レベル以上スキルアップは、量ではなく質が重要

日本国の科学技術振興機構の研究によると、ピアノのスキルというのはある一定のレベルからは、量ではなく質が重要であることが判明しました。

In JST Strategic Basic Research Programs, Drs. Masato Hirano and Shinichi Furuya, Sony Computer Science Laboratories, Inc., discovered a training method to further improve the delicate touch of pianists.

参照元:https://www.jst.go.jp/pr/info/info1469/index_e.html
– 科学技術振興機構 ( Japan Science and Technology Agency ) –

科学者たちは、トレーニングの量を増やすのではなく、方法を最適化することによってピアニストの繊細なタッチをさらに改善するトレーニング方法を発見しました。

彼らは、力の強さと方向を制御できる触覚デバイスを使用して、ピアノの鍵盤の重量を自由に制御するシステムを開発しました。

実験の結果は、AHTで指先の体性感覚機能を強化することでキーストロークの精度を改善できることを示しました。

ソニーコンピュータサイエンス研究所の平野正人と古谷真一は、ピアニストの繊細なタッチをさらに向上させるトレーニング方法を発見しました。

ピアニスト、アスリート、外科医などの専門家は、膨大な量の練習を通じて高度なスキルを習得します。

これらのスキルをさらに向上させることは困難であり、これらの制限を超える方法は明確にされていません。

研究グループは、力の強さと方向を制御できる触覚デバイスを使用して、ピアノの鍵盤の重量を自由に制御するシステムを開発しました。

この同じグループは、ピアノのキーの重さの違いと答えの正しさを区別するタスクを提示することにより、運動中の触覚を強化するアクティブハプティックトレーニング(AHT)も発明しました。

AHTを使用して、プロの音楽トレーニングを受けていない64人のピアニストと25人の一般人を対象に3つの実験が行われました。

結果は、AHTで指先の体性感覚機能を強化すると、キーストロークの精度が向上し、過度に訓練されたスキルの天井効果を打ち破ることができることを示しました。

このようなスキルの向上は、通常の繰り返し練習やピアノの経験のない一般の人には見られませんでした。

この研究は、専門家の運動スキルの限界を超えるために、トレーニングの量を増やすのではなく、方法を最適化することが重要であることを示しました。

この発見は、運動スキルの限界、専門家の専門知識の限界を超える新しいトレーニング理論、専門家の脳の機能的柔軟性(可塑性)を定義する神経系の原理を解明するのに役立つと期待されています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » ピアノのある一定レベル以上スキルアップは、量ではなく質が重要

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)