「子供の集中力を高める」ホワイトノイズ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「子供の集中力を高める」ホワイトノイズ

ホワイトノイズが読み書きの苦手な子供の集中力を助けるかもしれません。

The results showed that the group with major reading difficulties, particularly phonological difficulties, performed significantly better when exposed to visual pixel noise.

参照元:https://www.gu.se/en/news/flickering-screens-may-help-children-with-reading-and-writing-difficulties
– ヨーテボリ大学 University of Gothenburg. 10 June 2021 –

これまでの研究では、注意力障害やADHDの子どもたちが、聴覚的なホワイトノイズにさらされると、認知的な課題をよりよく解決できることが示されてきました。

しかし、視覚的なホワイトノイズと、読み書きが苦手な子どもの記憶力、読解力、単語以外の解読力などの認知能力との間に、このような関連性があることが実証されたのは、今回が初めてです。

ホワイトノイズは、視覚的ピクセルノイズとも呼ばれ、子どもたちにメガネをかけさせるのと同じような効果があります。

ホワイトノイズは視覚的ピクセルノイズとも呼ばれ、子どもたちに眼鏡をかけるのと同じような効果が得られました。

この研究は、スウェーデン南部のスモーランド地方に住む約80人の生徒を対象に行われました。

参加した子どもたちは、単語認識テストを経て選ばれ、「読みの上手な子ども」「読みに多少の困難がある子ども」「読みに大きな困難がある(音韻障害がある)子ども」の3つのグループに分けられました。

この研究では、子どもたちに12個の単語を読ませながら、ゼロからハイまでの4段階の視覚的ホワイトノイズを聞かせました。

このテストでは、子どもたちがいくつの単語を正しく読むことができたか、また、その後にいくつの単語を思い出すことができたかを評価しました。

その結果、読解に大きな困難を抱えているグループ、特に音韻に困難を抱えているグループは、視覚的なピクセルノイズにさらされたときに、有意にパフォーマンスが向上したことがわかりました。

彼らは、中程度のノイズ条件で、より多くの単語を正しく読み、また、より多くの単語を思い出しました。

ホワイトノイズは、読解力の高い人や読解力に問題のない人には効果も悪影響もありませんでした。

Göran Söderlund氏は話します。

「これは、視覚的なホワイトノイズが高次の認知機能(この場合は読解と記憶の両方)に影響を与えるという初めての証拠です。」

子どもたちはさまざまなレベルのホワイトノイズにさらされましたが、その結果、読書と記憶にはノイズの量が重要であることがわかりました。

Söderlund氏は話します。

「近視でメガネが必要なのと同じです。中程度のホワイトノイズを子供たちに浴びせたところ、読解力が向上することがわかりました。しかし、ノイズがない場合やノイズが多い場合には、彼らの読解力は低下しました。」

「これらの結果は、読み書きが苦手な子どもたちが、非常に簡単な介入で助けられることを示しています。学校や家庭のスクリーンを調整することで、彼らの問題を一気に解決できると期待しています。この種の研究は初めてであり、再現性が必要です。」

Söderlund氏は現在、ホワイトノイズの効果をさらに調査したいと考えています。

彼は、ホワイトノイズを使った練習を長期間続けることで、持続的な改善につながるかどうかという疑問に、新たな研究が答えてくれることを期待しています。

Söderlund氏は話します。

「私たちにはわからないので、研究する価値はあります。私たちの最初の研究は基礎研究です。しかし、私たちの結果は、子供たちがすぐに改善したことを示しています。誰もが自分のノートパソコンでできるこの簡単な対策が、実際にこれらの子供たちに永続的な助けとなるかどうかを確立するために、新しい研究を続けることが重要です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » 「子供の集中力を高める」ホワイトノイズ