人が「思いやりの気持ちを経験する選択肢」を避ける理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

人が「思いやりの気持ちを経験する選択肢」を避ける理由

人は選択肢を与えられたとき、「他者への同情」を感じない選択肢を選ぶようです。
人は思いやりの気持ちを経験することに抵抗があり、精神的に負担を感じることがあるそうです。

new study suggests some people may actively avoid feeling compassion when given the choice.

参照元:https://news.psu.edu/story/666845/2021/08/31/research/people-often-avoid-feeling-compassion-others-feel-its-lot-effort
– ペンシルバニア州立大学 Penn State. Wednesday, September 1, 2021 –

新しい研究によると、人によっては、選択肢が与えられたときに、思いやりを感じることを積極的に避ける可能性があります。

一連の研究の中で、研究者らは、選択肢が与えられた場合、人はしばしば他者への同情を感じないことを選び、そうすることが精神的に努力を要することを報告し、それが選択に結びついていることを発見しました。

しかし、家族などの親しい人が関係している状況では、人は思いやりを感じることを選択する可能性が高く、この状況で思いやりを持つことは容易であることもわかりました。

ペンシルバニア州立大学の卒業生であり、カリフォルニア大学バークレー校の博士研究員であるJulian Scheffer氏は、今回の発見は、特に分裂や苦難の時代に、人々が他者への思いやりを感じることに心を開くように促す新しい方法の必要性を示唆していると述べています。

Scheffer氏は話します。

「思いやりの気持ちを経験すると、人を助けたい、人の福祉を向上させたいと思うことが多いのですが、人は思いやりの気持ちを経験することに抵抗があり、精神的に負担を感じることがあるということがわかりました。」

「思いやりのために努力が重要な場合を知ることは、見知らぬ人や、COVID-19パンデミックの場合のような大規模な苦しみに対応する場合でも、弱い思いやりのある対応をどう考えるかの参考になります。」

ペンシルバニア州立大学のロック倫理研究所の研究員で心理学の助教授であるダリル・キャメロン氏は、今回の研究は、人がいつ、どのようにして思いやりを感じることを選択するのかを調べた初めての研究であると述べています。

キャメロン氏は話します。

「これらの選択は、感じられる認知的コストと一致します。つまり、家族への思いやりを育むことは、見知らぬ人への思いやりを育むことよりも簡単だと感じるかもしれません。このことが、人々が思いやりのある反応をする際に、そのような偏りを示す傾向がある理由の一つかもしれません。」

Scheffer氏は、解決策の1つとして、思いやりの精神的な要求を引き受ける準備をすることで、人々が思いやりを体験したいと思うようになるかもしれないと付け加えました。

そうでなければ、思いやりの心は想像以上に近づきにくいものになるかもしれません。

Scheffer氏は話します。

「人はしばしば、他人への共感や同情を求められ、その感情がよりオープンで協力的になり、苦しんでいる人を助けたいと思うようになると考えられています。私たちは、人々がこのような感情のプロセスをどのように選択するのか、近づくのか避けるのか、そしてなぜそうなるのかを調べたいと思いました。」

これらの疑問を解決するために、研究者たちは、62人から215人の参加者を集めて一連の研究を行いました。

研究チームは、参加者が選択できる3つの仮想カードデッキを設計し、他人に対する反応を指示しました。

カードに描かれた人物に同情を感じるように指示するもの、共感を感じるように指示するもの、客観的に見てその人物を単純に描写するように指示するもの、これらをいくつかの実験で使用しました。

Scheffer氏によると、「思いやり」と「共感」には共通点がありますが、「思いやり」は相手を気遣う気持ち、「共感」は相手の苦しみや経験を自分のことのように受け止める気持ちと分けて考える人もいます。

最初の2つの研究では、被験者を2つのグループに分けました。

一方のグループは「思いやり」と「客観」のどちらのデッキから絵を描くかを選択し、もう一方のグループは「共感」と「客観」のどちらのデッキから絵を描くかを選択しました。

参加者が客観的なデッキではなく思いやりのあるデッキを選んだのは、1回目の研究では約25%、2回目の研究では約21%でした。

また、共感デッキを選んだのは、それぞれ30%と29%でした。

次に、「思いやり」と「共感」のどちらのデッキから絵を描くかを被験者に選ばせました。

このときは、思いやりよりも共感を選ぶ傾向が強かった。

しかし、共感、同情、客観の3つのデッキから選択できる場合、参加者は客観を選択する傾向が強かった。

キャメロン氏は話します。

「心理学者や哲学者の中には、思いやりを持つことは共感を持つことよりも簡単だと言う人がいます。その仮説を検証するには、両者を直接比較して、人々に選択肢を与えるのがよいでしょう。少なくとも見知らぬ人に対して思いやりを感じたいかどうかを尋ねたところ、一般的には思いやりを感じたくないと答え、共感よりも難しいと答えました。」

今回は、見知らぬ人の写真ではなく、参加者がよく知っている人や、ごく普通に知っている人の名前が書かれたカードが用意されていました。

Scheffer氏は話します。

「人は、知らない人に比べて、愛する人への思いやりをより積極的に経験したいと思っていることがわかりました。思いやりの気持ちは、親しい人に向けられた方がより好ましいものとなり、困難さを感じなくなる可能性があります。」

今回の研究結果はJournal of Experimental Psychologyに掲載されました。

Scheffer氏は話します。

「人と関わることがますます困難になってきており、パンデミックの影響で多くの人が苦しんでいる今、思いやりの気持ちを持つことは特に難しいかもしれません。思いやりの精神的な課題にうまく対処する方法を見つければ、特にこの困難な時期に、向社会的な動機を生み出すためのよりやりがいのある方法を提供できるかもしれません。」

この研究には、トロント大学心理学教授のMichael Inzlicht氏も参加しています。

全米科学財団、ジョン・テンプルトン財団、カナダ社会科学・人文科学研究評議会、カナダ自然科学・工学研究評議会、ペンシルバニア州立大学ロック倫理研究所が本研究を支援しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 思考・瞑想 » 人が「思いやりの気持ちを経験する選択肢」を避ける理由

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)