やる気を伸ばすコメント、不安を伸ばす褒め方

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

やる気を伸ばすコメント、不安を伸ばす褒め方

育成相手に評価をコメントする時、”頭いいね!”などのパーソナリティの部分を褒めていませんか?

This encouraging response may actually do more harm than good to children’s math performance, according to a new study by the University of Georgia.

参照元:https://news.uga.edu/the-way-you-talk-to-your-child-about-math-matters/
– ジョージア大学 University of Georgia. 2022.09.07 –

この励ましの返答は、実は子どもの数学の成績に良い影響を与えるよりも悪い影響を与える可能性があることが、ジョージア大学の新しい研究により明らかになった。

この研究は、Mary Frances Early College of Educationの教育心理学部門の助教授であるMichael Barger氏と共同で行われ、個人の特徴や生まれつきの能力に関連した返答で子どもを励ますと、時間とともに数学の意欲や成績が低下する可能性があることがわかりました。

子どもの成績を知能などの個人的な属性に関連付けるコメント(「あなたはとても頭がいい」「算数は苦手なのよ」など)をする親は、いわゆるパーソン・レスポンスを用いていることになります。

これに対して、努力や戦略の使用など、子どもの行動を成績に結びつける親(例:「よく頑張ったね」「今度数学のテストがあるときは何が役立つかな」)は、プロセス応答を使用しています。

Barger氏:人物重視の褒め言葉は、表面的には良いように聞こえますが、結局のところ、課題にぶつかったら生徒のモチベーションを損なうかもしれません。というのも、「あなたはとても頭がいい」と言われた後に課題にぶつかると、「もしかしたら間違っていたのかもしれない」と考えるかもしれないからです。また、数学はできる人とできない人がいると考えがちで、そのような言い方は親でも先生でも、幼い子供でもよくあることです。

戦略や努力を褒める

この研究では、500人以上の保護者に、子どもの算数の成績にどのように対応しているか、保護者の算数に対する信念や目標について報告を求めました。

生徒には、1年間にわたり2波にわたって、算数の意欲と達成度を測定しました。

その結果、数学の能力は変化しやすいと考える保護者は、子どもの知能やその他の個人的属性よりも、戦略の使い方や努力に焦点を当てたプロセス回答をする傾向があることがわかりました。

一方、数学の能力は不変であり、数学の失敗は建設的でないと考える保護者は、より個人志向の回答をする傾向がありました。

また、子どもへの期待が大きい保護者からは、その両方の回答が得られた。

戦略や努力を強調する回答は、どのような学力成果とも関係ありませんでしたが、個人的特徴、特に失敗に関する回答を多く受けた子どもは、より難しい数学の問題を避ける傾向があり、より高いレベルの数学不安を示し、数学の学力テストで低い得点を示しました。

Barger氏:プロセスメッセージが必ずしも数学の成績を向上させない理由はいくつか考えられます。メッセージの頻度が高くなりすぎて、メッセージが流されてしまい、インパクトが弱くなったのかもしれません。また、本物のメッセージでなければ、正しく伝わらないということもありえます。しかし、人の反応については、不安や難しい数学の問題に対する嗜好の低下と明確な関連性が見られました。

数学のモチベーションを高める

人称応答は、長期的に子供の数学適応力の低下を予測するため、研究者は、家庭や教室でこの種の応答を制限することを推奨しています。

Barger氏:人が数学者かそうでないかについて話すことは、必ずしも利点があるわけではありません。なぜなら、もしあなたが苦労し始めた生徒なら、自分は数学者ではないのかもしれないと考え始めるでしょう。

保護者への2つ目の提案は、子供に対する自分の信念や目標について考え、それらがどのように人やプロセスの方法で対応することにつながるかを検証することです。

数学の能力について話すのを控えるようにと親に言うだけでは十分ではないかもしれません。

その代わりに、数学の成績は向上させることができるということを保護者に納得させることが、大きな効果をもたらすかもしれません。

多くの保護者は子供の個性を褒めて励ましますが、成績よりも算数の戦略や楽しさに焦点を当てる方が、より効果的な動機付けになるかもしれません。

つまり、”あなたはとても頭がいい””数学は苦手 “といった回答ではなく、”どうしてそうなったと思う?””楽しかった?”といった回答を使うことです。

Barger氏:数学の能力は変えられると親が信じているか、失敗を学ぶチャンスと捉えているかということも、人の反応が少ないことと関係しているようなので、聞くべきでしょう。これは、単にチェックリストを与えるよりも効果的です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » やる気を伸ばすコメント、不安を伸ばす褒め方

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)