新言語習得はスラング等も混ぜるべき

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

新言語習得はスラング等も混ぜるべき

ランカスター大学のSaschaStollhans氏が、言語学習の具体的な推奨事項を、政策立案社や出版社などに提示しました。
氏は標準化された言語規範は人為的なもので、言語学習者は物議を醸すものも、あらゆる側面について学ぶ必要があると主張しました。

Very, says Sascha Stollhans, of the Department of Languages and Cultures at Lancaster University, who argues that standardised language norms are artificial and language learners should learn about all aspects of language, even the controversial ones.

参照元:https://www.lancaster.ac.uk/news/foreign-language-learners-should-be-exposed-to-slang-in-the-classroom-and-heres-why
– ランカスター大学 Lancaster University. 17 February 2021 10:09 –

概要:

  • ランカスター大学の言語文学部のSaschaStollhans氏の主張
    • 標準化された言語規範は人為的なものであり、言語学習者は物議を醸すものも含め、言語のあらゆる側面について学ぶ必要がある
    • 政策立案者、出版社、学習資料の作成者、試験委員会、および教師トレーニングプロバイダーに対して具体的な推奨事項を提示

専門家は、英語のスラングと地域の方言を教室で禁止すべきではないと言いますが、第二言語を理解するとき、非標準の用語を学ぶことはどれほど役に立ちますか?

ランカスター大学の言語文化学部のSaschaStollhans氏は、標準化された言語規範は人為的なものであり、言語学習者は物議を醸すものも含め、言語のあらゆる側面について学ぶ必要があると主張しています。

Languages、Society&Policy Journalに掲載された彼のポリシーペーパーで、彼は次のように述べています。

「専門家の間では、学習者に「非標準」言語を紹介すると、あいまいさや混乱が生じる可能性があり、学生がそれを評価に使用したことで罰せられる可能性があるという懸念があります。」

言語の変化は、言語学習者にアピールし、モチベーションにプラスの影響を与えることができる豊富な研究分野です。

言語規範への態度と言語教育の変化は大きく異なり、現在の教科書は言語の変化を非常に異なる方法で扱っています。

Stollhans氏は話します。

「言語学習者は、いわゆる「ネイティブ」スピーカーと混合するときにスラングと方言を理解できる必要があります。これは、このデジタル時代ではかつてないほど簡単です。Twitterで使用されている言語を見てください。」

「それ以上に、学校ベースの言語学習がしばらくの間危機的状況にあった英国では、さまざまな場所や状況での「ネイティブスピーカー」がコミュニケーションをとるさまざまな方法についてもっと学ぶことが、得る方法にすぎない可能性があります。学生はやる気と興味を持っています。」

「このプロセスは非常に創造的であり、他の文化について多くのことを教えてくれます。また、より多様で包括的なカリキュラムに向けた重要なステップになる可能性があります。結局のところ、言語規範はしばしば政治的かつ歴史的であり、さまざまなスピーカーがいます。」

このペーパーは、政策立案者、出版社、学習資料の作成者、試験委員会、および教師トレーニングプロバイダーに対して具体的な推奨事項を示しています。

英国のカリキュラムリーダーと教師は、母国語を学ぶときに言語が伴う豊かでダイナミックな変化の形について学習者に啓蒙することを使命としています。

これは、他の言語の複雑さを学ぶための最初のステップです。

適切な言語要素を含めて、バリエーションに関する問題に教師を敏感にし、教育に言語の種類を含めることについて情報に基づいた決定を下せるようにする手段を教師に提供するための教師トレーニングは、Stollhans氏が全国的な「現代外国語の言語学」ネットワークでキャンペーンを行っているものです。

ポリシーペーパーは、「教育、法律、市民権における言語の不平等」に関するポリシーペーパーの特別なコレクションの一部であり、教師、審査官、辞書作成者、スピーチセラピスト、立法者などの実務家と学者を集めた会議に続きます。

翻訳者、ロビイスト、政策立案者など-正しい、受け入れられる、または標準的な言語に関する仮定と信念が、多言語の世界の日常生活にどのように影響するかを調べます。

Stollhans氏が教育パネルの議長に招待されたこの会議は、芸術人文科学研究評議会が資金提供したMEITSプロジェクトの一部でした。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 新言語習得はスラング等も混ぜるべき

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -