本業が疎かになる「魅力的で本題から逸れた雑談が多い授業」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

本業が疎かになる「魅力的で本題から逸れた雑談が多い授業」

「魅力的な本題から逸れた情報」が多い授業は、本題の学習がおろそかになってしまっていたかもしれません。

“If you have an irrelevant piece of information, and it is something that is interesting, students tend to perform worse,” said Kripa Sundar, the lead author on the paper that is based on her dissertation from WSU’s College of Education. “There are multiple hypotheses on why that happens, but the simplest is that students’ attention is now diverted toward that irrelevant information, and they’re spending too much time trying to understand what that seductive detail is instead of the content matter.”

参照元:https://news.wsu.edu/2020/03/19/seductive-details-inhibit-learning/

ワシントン州立大学が研究した58の研究とメタアナリシスによると、興味深いが無関係な情報、つまり魅力的な本題から逸れた情報」は、学習に悪影響を与える可能性がある事がわかりました。


ワシントン州立大学の行った分析の結果、「魅力的な本題から逸れた情報」で学習した人は、「魅力的な本題から逸れた情報」なしで学習した人よりも、学習成果のパフォーマンスが低いことがわかりました。

論文の筆頭著者であるKripaSundar氏は話します。

「あなたが無関係な情報を持っていて、それが興味深いものである場合、学生はパフォーマンスが低下する傾向があります。なぜそうなるのかについては複数の仮説があります。最も単純な仮設は学生の注意がその無関係な情報に向けられてしまい、学習そのものの内容ではなく、その”魅力的な本題から逸れた情報”が何であるかを理解しようと多くの時間を費やしていることです。」

Sundarと彼女の共著者であるWSUの教育心理学教授であるOlusolaAdesope氏は言います。

「”魅力的な本題から逸れた情報”を有益で関連性のある図の横に配置した場合、または静的なジョークや画面上の画像など、一定の場合に効果が悪化することを発見しました。”魅力的な本題から逸れた情報”を含めることは、デジタル形式よりも紙の上でより有害であり、社会科や自然科学などの特定の主題でより顕著でした。」

この分析では、マルチメディア学習の原則をサポートしています。

したがって、関連するすべての情報をまとめて、不要な情報を除外する方法を採用することを推奨しています。

Sundar氏は説明します。

「学生を引き付けるのに役立つ詳細は依然として重要です。これらがしっかりとトピックに関連していることが特に重要です。それは、”学習それ自体は楽しくない”という意味ではありません。教育に貢献する方法で、学習活動をもっと魅力的で興味深いものにするために、もう少し考える努力する必要があるかもしれません。」

人間は細部を大きな概念に結び付ける傾向があるため、教師が語る「魅力的な本題から逸れた情報」のような細部は、生徒に特定のアイデアを思い出させるのに役立ちますが、「魅力的な本題から逸れた情報」のような細部が含まれていると、別の考え方が引き起こされる可能性があります。

たとえば、雷がどのように形成されるかという科学の授業の最中に、2018年にルワンダの教会で異常な落雷が16人を殺した事について話す場合、学生は具体的で劇的な話に簡単に脱線する可能性があります。

この研究はまた、この現象のさらなる研究を求めています。

Sundar氏は、ほとんどの研究は典型的なクラスの長さが55分を対象にしているのに対し、本研究はわずか6〜12分の短い学習セッションを使用したと述べました。

彼女はさらに調査するために他の2つの側面を話します。

「学習者が、関連する情報と関連しない情報を、よりよく区別することを可能にするかもしれない事前知識の役割、”魅力的な本題から逸れた情報”が学生の感情に与えるかもしれない潜在的なプラスの効果。たとえば、冗談や音楽といった、気を散らすようなものは、数学を学ぶことについて感じる不安を和らげる事が推察されます。」

Sundar氏は話します。

「潜在的な感情的利益と、私たちが学習に見ている”魅力的な本題から逸れた情報”の有害な影響との間には、いくつかのトレードオフがあるかもしれません。教師は子供たちを教えており、そして教師と子供は人間であるため、その事事態を前提情報として理解することで、私たちはより推奨を行うことができます。」

Adesope氏は話します。

「調査結果は認知的結果のみを反映しております。さらなる研究は、これらの効果のバランスをとる可能性のある、他の側面を調査する必要があると思います。私たちは現在、仮定された感情的利益が、”魅力的な本題から逸れた情報”で学習することの認知的不利益を、どの程度補うことができるかを調査しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » 本業が疎かになる「魅力的で本題から逸れた雑談が多い授業」