バーチャル教室でも育まれる「未就学児の読解力」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

バーチャル教室でも育まれる「未就学児の読解力」

「接触」がネガティブなイメージを持たれた世界的パンデミックを前に、我々はオンラインの発達にエネルギーを注ぎました。
研究者たちは、未就学児の読解力はバーチャルな空間でも育まれることを発見しました。

Researchers say their “Reading Camp” program demonstrates not only the effectiveness of the approach, but also the potential to reach larger numbers of students remotely, by necessity or by choice.

参照元:https://www.washington.edu/news/2022/04/11/even-in-a-virtual-classroom-preschoolers-can-gain-reading-skills/
– ワシントン大学 University of Washington. April 11, 2022 –

COVID-19の大流行で全国の学校が閉鎖されたとき、上級クラスの高校生からABCのコツをつかんでいる未就学児まで、あらゆる年齢の生徒がスクリーン上の遠隔学習に移行しました。

しかし、ワシントン大学の学習脳科学研究所の新しい研究によると、子どもたちは他の生徒たちと一緒にバーチャルな教室で、重要な読解力を身につけることができるそうです。

研究者によると、この「リーディング・キャンプ」プログラムは、この方法の有効性だけでなく、必要に迫られて、あるいは自ら望んで、より多くの生徒を遠隔地から指導できる可能性を示しているとのことです。

I-LABSの共同ディレクターであり、米国大学言語聴覚学教授のPatricia Kuhl氏は話します。

Kuhl氏:子どもたちは5歳で読み書きを学ぶ準備ができています。しかし、パンデミックによって、子どもたちは対面での読書指導の機会を奪われました。私たちがここで示したのは、社会的な学習を促進するために設計されたオンラインのリーディングキャンプは、驚異的にうまくいくということです。オンラインキャンプは、世界中のどこにいる子どもたちでも利用することができ、これは本当に素晴らしいことです。

この研究は、2022年3月31日にFrontiers in Human Neuroscienceのオンライン版に掲載され、2020年秋から教師が5歳児83名に遠隔で提供した2週間の読書プログラムについて詳述しています。

読書の学習には、言語中の区別された音の認識(音韻認識)から、個々の文字の名前とその音の識別(文字音知識)、単語とその意味の解読に至る一連のステップが含まれます。

その結果、指導を受けなかった対照群と比較して、音韻認識や文字音感といった特定の読解スキルの習得が確認されました。

研究の共著者であるジェイソン・イェートマン(現スタンフォード大学)を含むI-LABSの研究者は、2019年に2週間の読書サマーキャンプを実施し、幼稚園児に早期リテラシー能力を教え、指導前後の脳活動を計測しました。

2020年春のパンデミックの発生を受け、研究者は対面式のリーディングキャンプをZoomを使ったオンライン版に適応させることにしました。

リモートキャンプに先立ち、研究者は保護者にヘッドフォン、ワークシート、書籍、レッスンで使用するプレイドーやおもちゃなどの楽しいアイテムが入った教材キットを郵送しました。

子供たちは、例えば、キットに含まれる色のついたプラスチックの卵を使って、仮想教室で手を挙げる代わりに、正しい答えに「投票」したのです。

リーディング・キャンプでは、子どもたちを6人ずつの教室に分け、それぞれの教室に特定のスキルのレッスンのトレーニングを受けた2人のインストラクターが配属されました。

セッションは1日3時間で、数回の休憩、アクティビティによる短いレッスン、そしてストーリータイムで締めくくられます。
教室は3人ずつの小さな部屋に分かれ、それぞれに教師が1人ついて、授業やゲームに集中することもありました。

I-LABSの研究員でこの研究の筆頭著者であるYael Weiss-Zruya氏は話します。

Zruya氏:これは、正しい方法論を用い、子供たちを夢中にさせ、仲間や先生と社会的に交流させれば、実際にオンラインで教えることができることを示しています」と語っています。”これらすべてを組み合わせることで成功したのです。

リーディングキャンプとコントロールグループの両方の子供たちは、文字、音、単語の知識を評価するために、いくつかの標準化されたテストと非標準化されたテストを受けました。

その結果、リーディング・キャンプ参加者は、測定されたすべての読解力、特に音韻認識と小文字と音に関する知識が、対照群の子どもたちよりも向上していることがわかりました。

Kuhl氏:正直なところ、5歳の子どもたちがライブの家庭教師なしでオンラインで読書を学べるかどうか、疑問を持っていました。しかし、Zoomで5歳の子供たちが笑いながら、互いに励まし合いながら、正しい色の卵を手に取って聞いているのを見たとき、私は驚きました。彼らの社会的なつながりは明らかであり、その学びは驚くべきものでした。彼らはお互いを名前で呼び合い、画面上でお互いを見るのをとても楽しみにしているようでした。

研究者たちは、今後もオンライン読書キャンプを開催し、キャンプの前後に脳スキャンを行い、読書学習が脳の発達にどのような影響を与えるかを評価する予定です。

この研究は、ベゾス・ファミリー財団、オーバーデック・ファミリー財団、ペチュニア・チャリタブル・ファンドから資金提供を受けています。

その他の共著者は、I-LABSのSuzanne Ender、Liesbeth Gijbels、Hailley Loop、Julia Mizrahi、Bo Wooの各氏です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » バーチャル教室でも育まれる「未就学児の読解力」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)