10代で教師と良好関係だった人が、成人後も健康な理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

10代で教師と良好関係だった人が、成人後も健康な理由

以前より、10代の社会的関係は、成人期の健康上の結果に関連している可能性があることが示唆されています。研究者によると、教師との関係が以前に認識されていたよりもさらに重要である事を報告しています。

Previous research has suggested that teens’ social relationships might be linked to health outcomes in adulthood—perhaps because poor relationships can lead to chronic stress, which can raise a person’s risk of health problems over the lifespan, according to Kim. However, it is not clear whether the link between teen relationships and lifetime health is causal—it could be that other factors, such as different family backgrounds, might contribute to both relationship problems in adolescence and to poor health in adulthood. Also, most research has focused on teens’ relationships with their peers, rather than on their relationships with teachers.

参照元:https://www.apa.org/news/press/releases/2020/10/student-teacher-relationships

アメリカ心理学会が発表した調査によると、教師と良好で協力的な関係にある10代の若者は、成人としてより良い健康を享受しています。

おそらく驚くべきことに、友情は青年にとって重要ですが、この研究では、良好な仲間関係と成人期の学生の健康との間に同じ関連性は見られませんでした。

高麗大学保健政策管理学部の助教授のキム氏は説明します。

「この研究は、学生と教師との関係を改善することは、学術的な成功だけでなく、重要で前向きで長期的な効果をもたらす可能性があることを示唆しています。それはまた、長期的には重要な健康への影響をもたらす可能性があります。」

キム氏によると、以前の研究では、10代の社会的関係は、成人期の健康上の結果に関連している可能性があることが示唆されています。

おそらく、関係が悪いと慢性的なストレスにつながり、生涯にわたって健康問題のリスクが高まる可能性があるためです。

しかし、10代の人間関係と生涯の健康との関連が原因であるかどうかは明らかではありません。

家族の背景の違いなど、他の要因が青年期の人間関係の問題と成人期の健康状態の悪化の両方に寄与している可能性があります。

また、ほとんどの研究は、教師との関係ではなく、10代の若者と仲間との関係に焦点を当てています。

これらの質問をさらに調査するために、キムは、7年生から成人初期までの13年間参加者を追跡した、米国の全国的に代表的な縦断研究であるAddHealth研究からの約20,000人の参加者に関するデータを分析しました。

参加者プールには、3,400ペア以上の兄弟が含まれていました。

10代の頃、参加者は「他の生徒と仲良くするのに苦労したことはどれくらいありますか」などの質問に答えました。

「友達があなたのことを気にかけていることにどれだけ同意しますか?」
「先生とうまくやっていくのにどれくらいの頻度で苦労しましたか?」
「先生があなたのことを気にかけてくれることにどれだけ同意しますか?」

大人として、参加者は彼らの身体的および精神的健康について尋ねられました。

研究者たちはまた、血圧や肥満度指数などの身体的健康の測定も行いました。

キム氏は予想通り、中学と高校の仲間と教師の両方とのより良い関係を報告した参加者は、20代半ばのより良い身体的および精神的健康も報告したことを発見しました。

しかし、彼が兄弟のペアを一緒に見て家族の背景を管理したとき、良い教師の関係と大人の健康との間のリンクだけが重要なままでした。

これは、以前に報告された仲間関係と身体的健康との関連が、実際には学生の家族の背景に関する他の根本的な要因を反映している可能性があるためである可能性があります。

キム氏によると、この結果は、教師との関係が以前に認識されていたよりもさらに重要であり、学校は生徒との温かく支援的な関係を構築する方法について教師のトレーニングに投資する必要があることを示唆しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 学習 » 10代で教師と良好関係だった人が、成人後も健康な理由

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)